「好きになれない」と嘆く人が陥っているワナ

週の水木に軽くご飯を食べて、週末にも会う

すると、彼女は神妙な面持ちで言った。

「確かに私は今まで、“いいな”と思う人がいても、自分から動こうとしなかったし、選んでもらう努力もしていませんでした。いつも向こうから連絡してくるのを待っていました。もしも今度“すてきだな”と思う人に出会えたら、自分から動いて、選んでもらえる努力をしたいと思います」

そして昨年末に、今真剣交際をしている44歳の男性に出会えた。

先日、彼女からこんなメールが来ていた。

「真剣交際に入って、2人の距離がさらに縮まってきているのを感じています。でも、すごく慎重な人で手もつないでくれない。この間のデートでは、私から手をつないじゃいました。こんなことをしたのは生まれて初めてです(笑)」

さらにつづられていた文章で、彼女の気持ちが恋愛に育ったんだなというのを感じた。

「冷静に考えると、かなり面倒くさい人なんですよ。でも、その面倒くささを上回るよさがあるんです。お見合いでも、ちゃんと人を好きになるんだなって思いました」

婚活に後ろ向きだった気持ちをリセット

この話をすると、ありさは言った。

「私も、いつかはそういう人に出会えるでしょうか? もし、そんな人に出会ったときには、何に気をつけたらいいですか? お相手の気持ちを手に入れる秘訣とかありますか?」

相手に好意を抱いているときに、「好きです」と直接的な言葉は言いづらいし、相手にその気持ちがなければ、返答にも困るだろう。まずは、自分の “好き”が伝わる前向きな言葉を使う会話を心がけてみるといい。

「誘っていただけて、すごくうれしいです」「このお店のお料理は、何を食べてもおいしいですね」「◯◯さんと話をしていると、楽しくて時間を忘れてしまいます」

また、相手に特別感を感じさせる会話をすることも大事だ。

「今まで婚活してきて、こんなに食事をしながら笑ったのは、〇〇さんが初めてです」「◯◯さんといると、変な緊張をせずに自然体の自分でいられて楽しいです」

私の話を聞いていたありさは、言った。

「もう一度、婚活を頑張ってみようと思います。“どうして出会えないんだろう”“どうして人を好きになれないんだろう”と思っていたけれど、私の婚活に望む気持ちが後ろ向きで、やり方も間違っていたのだと思います」

同じ景色を見ても、自分が疲れているとその景色は色あせて見えるが、心身ともに健康でやる気に満ちあふれていると輝いて見える。

気持ちをリセットして、また婚活に向かい、好きになれる人を見つけて結婚してほしいと思う。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。