「アムールの国」フランス人も苦労する寝室事情

"子どもと別室"はそんなに簡単じゃない

今回取材してなるほどなあと思ったのが、「育児の理想郷」的に取り上げられがちなフランスにだって、夜泣きに悩んだり、寝室を子どもと分けるのに時間がかかったり、そういう家庭がちゃんとあるということ。

部屋の壁には、ピエールさんの趣味のギターがズラリ。それぞれ勝手に趣味を楽しむ時間がある、というのも夫婦円満の秘訣なのかも(写真:著者撮影)

つまり、それくらい育児は理想どおりにいかないものなのです。

もちろん、育児の悩みや問題が、知識や工夫によって解決することはたくさんあります。でも、子どもによってはそれですべてが解決するとは限りません。

そんなとき、「どうしてうちの子だけ!!」と自分や子どもを責めすぎてしまうと、ますます家族全員が追いつめられてしまう。「子どもは一人ひとり違う。想定外の問題だって起こる」という大前提のもと、それに対応できる家庭環境や社会環境であることこそ大事なんだ、と今回改めて思ったのです。

2人で真剣に向き合ったからこそ、子育てができた

おそらくこの家庭でも、当時は、相当に悩んだり体力的につらかったのだと思います。ただ、今こうして過ぎたこととして笑って話せるのは、夫と妻が同じスタンスで育児に取り組んできた、2人で一緒に悩んできたからではないでしょうか。

インタビューの中で、「フランスの男性は夫婦の時間を重視するとよく聞きますが、子育てで生活が変わったとき、寂しいと思ったりしたことは?」とピエールさんに聞いたら、「うちは夫婦2人とも同じくらい子どもに集中してたから」とサラリと即答されたのはとても印象的でした。

ちなみに、この家庭では「子どもに多くを求めすぎない」がポリシーということで、教育面でも子どもの負担を大きくしすぎないようにしているそうです。

ところで、子どもの夜泣きに悩んでいるけどまだ解決法を探るまでもいってない!という方は「ねんねトレーニング」で検索してみるのがオススメ。日本でも、近年は「子どもに合った夜泣き寝ぐずりの解消法」がいろいろと提唱されています。現役医師によるエビデンスに基づいた情報発信も増えてるし、そのあたりは日本の育児環境もどんどんよくなってきてるなあ!と個人的には感じています。

というわけで、今回学んだ「家族がつかれないためのヒント」は……

自分の子どもを他の子と比較すると落ち込む…

子どもは一人ひとり違う。
その子どもだけを見て、その子に合った暮らしを探っていこう。

さて次回は、フランスの保育園事情について紹介します。お楽しみに!

この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。