「管理職とプレイヤー」を両立する人が陥るワナ

プレイング・マネジャーはなぜ難しいのか

チームも「リーダーとしてもプレイヤーとしても優れているべきだ」という過度な期待を抱いています。両方できて当たり前、どちらかが少しでも劣っていると、ネガティブな箇所に注意がいく人間心理が働いて「低評価」を下します。

この際、「プレイヤーとしての成果」とは別のところにある「リーダーとしての努力」は、残念ながらチームメンバーの視界には入りません。

あなたがもしプレイング・マネジャーなら、「自分が我慢して努力すれば済むという問題ではない」ことにまずは気づいてほしいと思います。

「高評価」なリーダーは部下をこう見る

ドイツの情報通信会社数社の従業員を対象にした、「あなたの上司のリーダーシップ・スタイル」について答えてもらい、業績および従業員の満足度との関連を調べました。

調査の結果、「知的な刺激を与えてくれる/優れた業績にフィードバックをくれる/自分がグループの目標に向かって貢献していると実感させてくれる」タイプのリーダーが率いるチームは、ほかのタイプのリーダーが率いるチームよりも業績がよく、メンバーの満足度も高いことが判明しました。

つまり、「適度な裁量を持たせ、かつフィードバックをしっかり行うリーダー」への満足度は高く、チームとしての成績も確かに向上することがわかったのです。これは、プレイング・マネジャーも、部下にある程度任せるべきで、肝心なのは成果に対してフィードバックすることだと示唆しています。

ギャラップ社による別の調査によれば、人の長所に注目するリーダーの場合、部下の67%が仕事に没頭していたとのこと。短所に注目するリーダーの場合、仕事に没頭する部下はわずか31%だったので、リーダーが部下をどう見るかで部下の熱意が決まるともいえます。

『スタンフォード式 最高のリーダーシップ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

また、IBM Work Trendsが世界26カ国で行った調査によれば、何らかの表彰を受けた従業員の「仕事の没頭レベル」は、そうでない従業員の3倍も高かったそうです。

そのほか、多種のリサーチを見ても同様の報告がなされていることから、リーダーが1人で先頭を突っ走らず、チームメンバーに決定権を持たせて長所に目を向けたフィードバックを行うことが、プレイング・マネジャーとして生き残る道に思えてなりません。

プレイヤーとしての自分だけにとらわれない心構えを備えておくことこそ、プレイング・マネジャーとして成功する鉄則なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT