「管理職とプレイヤー」を両立する人が陥るワナ

プレイング・マネジャーはなぜ難しいのか

チームも「リーダーとしてもプレイヤーとしても優れているべきだ」という過度な期待を抱いています。両方できて当たり前、どちらかが少しでも劣っていると、ネガティブな箇所に注意がいく人間心理が働いて「低評価」を下します。

この際、「プレイヤーとしての成果」とは別のところにある「リーダーとしての努力」は、残念ながらチームメンバーの視界には入りません。

あなたがもしプレイング・マネジャーなら、「自分が我慢して努力すれば済むという問題ではない」ことにまずは気づいてほしいと思います。

「高評価」なリーダーは部下をこう見る

ドイツの情報通信会社数社の従業員を対象にした、「あなたの上司のリーダーシップ・スタイル」について答えてもらい、業績および従業員の満足度との関連を調べました。

調査の結果、「知的な刺激を与えてくれる/優れた業績にフィードバックをくれる/自分がグループの目標に向かって貢献していると実感させてくれる」タイプのリーダーが率いるチームは、ほかのタイプのリーダーが率いるチームよりも業績がよく、メンバーの満足度も高いことが判明しました。

つまり、「適度な裁量を持たせ、かつフィードバックをしっかり行うリーダー」への満足度は高く、チームとしての成績も確かに向上することがわかったのです。これは、プレイング・マネジャーも、部下にある程度任せるべきで、肝心なのは成果に対してフィードバックすることだと示唆しています。

ギャラップ社による別の調査によれば、人の長所に注目するリーダーの場合、部下の67%が仕事に没頭していたとのこと。短所に注目するリーダーの場合、仕事に没頭する部下はわずか31%だったので、リーダーが部下をどう見るかで部下の熱意が決まるともいえます。

『スタンフォード式 最高のリーダーシップ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

また、IBM Work Trendsが世界26カ国で行った調査によれば、何らかの表彰を受けた従業員の「仕事の没頭レベル」は、そうでない従業員の3倍も高かったそうです。

そのほか、多種のリサーチを見ても同様の報告がなされていることから、リーダーが1人で先頭を突っ走らず、チームメンバーに決定権を持たせて長所に目を向けたフィードバックを行うことが、プレイング・マネジャーとして生き残る道に思えてなりません。

プレイヤーとしての自分だけにとらわれない心構えを備えておくことこそ、プレイング・マネジャーとして成功する鉄則なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。