「メンズラブ」ドラマが今後ますます増える必然

女性視聴者の「眼福」需要の先にあるもの

と、ここまで書いて、書いてきたことを抜本的に覆す考えが浮かぶ――「単に、これまでが少なすぎただけなんじゃないか?」。

これは例えば、NHK『紅白歌合戦』の視聴率がなぜ低下していくのかという問いに対して、「いや、これまでが高すぎただけなんじゃないか?(1963年は何と81.4%)」と、抜本的に問いを捉え直すのに似た思考法である。

1つの参考として、先の電通ダイバーシティ・ラボによる調査では、「LGBT層」に該当する人は8.9%となっている(注)。ざっくり言えば「11人に1人」という割合。案外多いではないかという感想を持つ人が多いだろう。

ということは、乱暴を承知で言えば、少なくとも近い将来においては、テレビドラマにも、それくらいの割合で「LGBT層」の登場人物が出てきてもいいのではないか、それくらいの割合で「LGBTドラマ」が作られてもいいのではないか。

40年前の言い回し

ここで私が思い出すのは、「腐ったミカンの方程式」で有名な、TBS『3年B組金八先生 第2シリーズ』(1980~1981年)における、あるシーンだ(第9回)。

3年B組生徒の椎野一(ひかる一平)が担任の坂本金八(武田鉄矢)に渡す交換ノートに「11月27日 ぼく 加藤くんが 好きだ!」と書く。「加藤くん」とは同じく3年B組の加藤優(直江喜一)のこと。椎野も加藤ももちろん男子。驚いた金八は、同僚の服部先生(上條恒彦)に相談する。そのときの会話。

服部「最近の子は早いからねぇ。小学校で好きだ嫌いだを持ち込んでくるし。とすると中学で既にホモが現れるかのも」
金八「もう、ホモだなんて言わないでくださいよぉ」
服部(そこから少しのやりとりの後)「ほら、あるじゃないか、あの、つまり、『男が男に惚れる』っていう言葉。ねっ、つまり同性だからこそ、心から傾倒でき、かつまた信頼も生まれるわけですよ」
金八「信頼の問題なんですね。あいつホモなんかじゃないんですね」

結局、椎野一は、純粋な「信頼」だけで、加藤優に「好意」を寄せていたのだが、それはともかく、ここで注目したいのは、「ホモだなんて」「ホモなんか」という、約40年前の台詞回しである。

次ページ40年をかけて普及し始めた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT