「メンズラブ」ドラマが今後ますます増える必然

女性視聴者の「眼福」需要の先にあるもの

そもそもタイトルからして『きのう何食べた?』『俺のスカート、どこ行った?』『腐女子、うっかりゲイに告る。』とコミカルで親しみやすく、このあたりにも、「ゲイドラマ」ということで間口が狭くならないようにしようという、制作側の意図が見える(ただし『きのう何食べた?』は漫画原作のタイトルどおり)。

また、ここ数年の「LGBT」という言葉・概念の浸透も、こういったドラマの普及に大きく加勢していそうだ。電通ダイバーシティ・ラボによる2018年10月の調査によると、「LGBT」という言葉の浸透率は68.5%に上ったという。

この背景には、いわゆる「オネエタレント」の台頭や、直近では、先の『おっさんずラブ』に加えて、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットも関係しているだろう(余談だが、『腐女子、うっかりゲイに告る。』には、毎回クイーンの曲が引用される)。

女性たちの「眼福」需要を満たしている

加えて、最も直接的要因は、女性層の「眼福」需要ではないかと私は考察する。

「眼福」(がんぷく)とは、ネット上でよく使われる言葉で、美しい男性(女性)を見たときの多幸感を表現する定番ワードだ。とくに女性層が美男子を見たときに使われることが多い。

『おっさんずラブ』の田中圭や、『きのう何食べた?』の西島秀俊(の料理シーン)、『腐女子、うっかりゲイに告る。』の金子大地(の陰鬱な表情)に「眼福」を感じた女性層が、これらのドラマの人気を直接的に支えていると考えるのだ。

ここでポイントなのは、その「眼福」の共有はネットに向かうという点である。

『腐女子、うっかりゲイに告る。』の初回で、主人公の三浦紗枝(藤野涼子、好演)が、BL(ボーイズラブ)にハマっていることを周囲にひた隠しにしたように、ゲイを題材にしたドラマへの「眼福」もまだ少し、周囲に公言しにくい感じがあると思う。

そこで、その「ゲイドラマ眼福」共有欲求は、半匿名のネットメディアに向かう。『おっさんずラブ』のネットを通じた爆発的人気にも、そんな背景があったはずだし、「ゲイドラマ眼福」は今後も、ネットの中で熱く激しく語られ、それがさらに「ゲイドラマ」の普及を拡大していくと見るのだ。

次ページこれまでの「ゲイドラマ」の立ち位置は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT