団地を支える「高齢者と外国人労働者」の現状

「孤独死」が増え続ける限界集落が生き残る道

当時のマスメディアは、これらの人々を「団地族」と命名した。1960年度版の『生活白書』では、「団地族」について次のように説明している。

<世帯主の年齢が若く、小家族で共稼ぎの世帯もかなりあり、年齢の割には所得水準が高く、一流の大企業や公官庁に勤めるインテリ、サラリーマン……>

団地は新しいライフスタイルをも生み出した。ショッピングセンターや学校、病院を呼び込み、手の届くところですべてが事足りる暮らしを実現させた。「郊外」という文化が定着していく。

高度経済成長にふさわしい「上り坂」の歴史が始まる。団地は希望のシンボルだった。明るい未来を暗示する、幸福の入り口だった。

常盤平団地の中央を貫く「けやき通り」は、いつも陽の光を浴びて眩しかった。若木だった街路樹が駅まで続く道のりは、毎朝、通勤する人の波で埋まった。団地の各所で子どもたちの声が一日中、響き渡っていた。街路で、公園で、2DKの部屋の中で、高度成長の波に乗る中流家庭の幸福が弾けていた。

常盤平の周辺では一時期「団地ごっこ」なる言葉もはやったという。これは、男子と女子が手をつないで歩くことを意味するものだった。ただそれだけのことだが、どこか、団地の風景が伝わってくる言葉だ。臆することなく男女が手をつなぐことこそ、「団地の作法」だった。

車に分乗して出勤する団地住民の姿

当時の珍しい写真が残っている。

収められているのは、車に分乗して出勤する団地住民の姿だ。

鉄道ストの最中に車で出勤する団地住民(写真: 常盤平団地自治会編「常盤平団地40年の歩み」)

そのころ、労組が強かった京成電鉄は頻繁にストライキを実施した。距離的に都心に近いとはいえ、電車が止まってしまえば常盤平も陸の孤島だ。そこで立ち上がったのは団地の自治会だった。なんと、自治会は自らの経費で何台もの車をチャーターし、ストの影響のない駅までピストン輸送をしていたのである。写真には、乗用車や軽トラックに分乗し、会社へと向かうスーツ姿のサラリーマンたちの姿が写っている。

昭和の会社員は雨にもストにも負けず、ひたすら会社を目指した。団地は「会社」とともにあった。

中沢卓実さん(82歳)は、常盤平団地第一期の入居者だ。56年間、同じ場所に住み続けている。

中沢さんは「輝いていた常盤平」の時代を過ごしてきた。「騒々しいくらいににぎやかだった」と昔を懐かしむ。

向かいの家からは赤ん坊の泣く声が聞こえた。別の部屋からは兄弟げんかの声が響き、そして母親の叱り声が続いた。集合住宅の喧騒は、時代が躍動する音だった。

次ページ団地から徐々に音が消えて行った
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT