入居希望者が続々集まる「茶山台団地」のすごみ

DIY工房やニコイチ住戸で若年層を惹きつける

茶山台団地は丘陵地にあるため坂と階段が多い(筆者撮影)

ママさんが工具片手に四苦八苦。その様子をちょっと心配げに見守るパパと幼い子ども。そして、微笑みながら寄り添うご近所の高齢者。これはある団地での様子である。

高度経済成長期に各地で建設された団地の多くはいま、住民の高齢化や老朽化、過疎化などの問題を抱えている。その再生は非常に困難であると考えられるが、どのような取り組みが行われているのだろうか。入居者によるDIYなどにより子育て世帯の入居を促進し、多世代交流型のコミュニティづくりを進めている、ある団地の取り組みを紹介する。

茶山台団地の取り組み

泉北ニュータウンにある茶山台団地(大阪府堺市南区:28棟930戸、2019年1月末時点で795世帯が入居中)は、泉北ニュータウン内に建設された賃貸住宅団地の第1号。1971(昭和46)年4月に入居を開始し、以来、約50年にわたり庶民の暮らしの場となってきた。

DIYワークショップの様子(筆者撮影)

冒頭の光景は、その団地内に2月16日にオープンしたDIY工房「DIYのいえ」で行われたワークショップの光景だ。工房は住戸をリノベーションしたものである。

工房にいた団地居住歴約10年の30代夫婦にお話を伺った。「こんな場所ができてメッチャうれしいです。これまでにも自分なりにDIYをしていたのですが、うまくいかないことも多く、ここでプロのアドバイスを聞けるし、道具も無料で貸してくれるから」と話していた。

別の若い夫婦は、「子どもがもうすぐ小学生になるのでDIYで机を作ってあげたいと思い来てみました。時を経て自作の家具が増えるのは、思い出づくりにもなっていいことではないでしょうか」と語っていた。

ある主婦はスタッフを捕まえて、「自分で洗濯機置き場を作ったのだけど振動音がひどいのです。改善する方法を教えて」と熱心に話し込んでいた。

次ページ子連れの若い夫婦が想定以上に多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。