年収500万円でもOK、「2拠点生活」の実現法

発想と工夫で「二重の住宅費」は克服できる

平日は東京都世田谷区在住で、週末になると千葉県いすみ市の古民家で過ごす福島新次さん(写真提供:福島新次氏)

「超プライベートな空間。無心になれて気持ちいいですよ」。そう語るのは、東京都世田谷区に住む福島新次さん(38歳)。週末を過ごす「別荘」の話題になると、そう笑う。

福島さんの別荘は、千葉県いすみ市にある築46年の古民家。2018年1月に500万円で購入した。福島さんのように平日は都心で過ごし、週末になると郊外や地方の別拠点に移動する「デュアルライフ」(2拠点生活)が今、注目を集めている。

若い世代の間で増加傾向

リクルートによると、デュアルライフの定義は、年間20日以上、自宅以外の特定の拠点で過ごすこと。その実践者は図のように増加傾向にあるという。住宅情報サイト「SUUMO」の池本洋一編集長は、「共働きで都心に暮らす若い世帯の間で、コンクリートの住宅地だけでなく、自然の近くで子育てしたいという欲求が高まっていることが背景にある」と話す。

ただ都心と地方の2拠点で過ごすとなると、住居費も二重にかかる。家賃の高い都心に暮らしながら、別荘を持つには、金銭的な余裕が必要となる。関心はあっても金銭面がハードルとなり、二の足を踏む人は少なくないだろう。

しかし、「年収500万円もあれば、デュアルライフはできますよ」と福島さんは言い切る。福島さん自身、デュアルライフを実践するため、資金繰りをかなり工夫したという。

次ページ高校時代の川遊びが原点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。