「ゴミ清掃員」の何とも大変で時に愉快な現場

「濡れた畳を捨てる苦労」を知っていますか?

ゴミ清掃員の日常とは?(イラスト:タナカリヨウスケ)
奥さんの妊娠をきっかけに、ゴミ収集会社の正社員とお笑い芸人の二足のわらじを履くようになった、お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さん。先日出版された今回は普段、われわれが意識することのない「ゴミ清掃員の日常」を、ユニークなイラスト(作:タナカリヨウスケ)とともに紹介します。

天気が悪い日は大変

1. 雨風が強い日のペットボトルの回収

(イラスト:タナカリヨウスケ)

雨と風の重なる日のペットボトルの回収は、まるで生き物のように動き回るので、うなぎを相手にしているようだ。

2. 濡れた畳

(イラスト:タナカリヨウスケ)

濡れた畳の重さをみんなにも味わってほしい。

次ページふとした瞬間、神に出会う
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。