妹2人に「ブス」と無視され続けた姉の人生

尼神インター誠子は、こうして芸人になった

赤ちゃんのころはハーフ顔で、美人3姉妹と言われていた時期もあったという

2歳下の妹たちとの違いに気づいたのは幼稚園のとき。以来、ずっと“ブス姉”と“美人妹”の格差に悩んできたという尼神インターの誠子。

「妹は双子ちゃんで、それだけでも可愛いと、ちやほやされるうえにホンマにべっぴんさんでなぁ。幼心ながら、どうも自分とは違うって感じてたし、妹たちがうらやましかったですね」

普通は姉のお下がりを妹が着るものだが、双子だから新しい服をおそろいで買ってもらえる。その服は、姉のよりもずっと可愛らしかった。子どもとはいえ当然、おもしろくない。

「その服貸してや! 私がお姉ちゃんやで!? お姉ちゃんの言うことはきかないかんのや! 私が着てみるから」と取り上げて、入りもしないのに無理に着ては、妹を泣かしていた。

妹たちにつけられたあだ名は「シュレック」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

それでもお姉ちゃん風を吹かせていられるうちはよかったが、成長するにつれて妹たちの逆襲が始まった。中学生になると、誠子は太り始め、ビジュアルが崩れだす一方で、妹たちはスリムなまま、可愛らしさに磨きがかかった。

「妹たちが“あれ~っ、おネエだけブスやで”って気づいて、優位になってしまったんです」

やがて、妹たちは姉を無視するように。

「最初は外にいるときに“自分のお姉ちゃんと思われるのが恥ずかしい”という理由で、そのうち家でもまったく口をきいてもらえなくなって。その状態が5年間続いたんです」

話しかけても答えてもらえない。その時期、妹たちにつけられたあだ名はアメリカのファンタジー映画に出てくる怪物『シュレック』だった。

「2人で“シュレックがさぁ~”と話しているから、映画でもやるのかなと思ってたら、“今日、家にシュレックおるで”って、ひそひそ話してて、私のことかって……」

次ページ妹に対するコンプレックスがバネに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT