妹2人に「ブス」と無視され続けた姉の人生

尼神インター誠子は、こうして芸人になった

赤ちゃんのころはハーフ顔で、美人3姉妹と言われていた時期もあったという

2歳下の妹たちとの違いに気づいたのは幼稚園のとき。以来、ずっと“ブス姉”と“美人妹”の格差に悩んできたという尼神インターの誠子。

「妹は双子ちゃんで、それだけでも可愛いと、ちやほやされるうえにホンマにべっぴんさんでなぁ。幼心ながら、どうも自分とは違うって感じてたし、妹たちがうらやましかったですね」

普通は姉のお下がりを妹が着るものだが、双子だから新しい服をおそろいで買ってもらえる。その服は、姉のよりもずっと可愛らしかった。子どもとはいえ当然、おもしろくない。

「その服貸してや! 私がお姉ちゃんやで!? お姉ちゃんの言うことはきかないかんのや! 私が着てみるから」と取り上げて、入りもしないのに無理に着ては、妹を泣かしていた。

妹たちにつけられたあだ名は「シュレック」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

それでもお姉ちゃん風を吹かせていられるうちはよかったが、成長するにつれて妹たちの逆襲が始まった。中学生になると、誠子は太り始め、ビジュアルが崩れだす一方で、妹たちはスリムなまま、可愛らしさに磨きがかかった。

「妹たちが“あれ~っ、おネエだけブスやで”って気づいて、優位になってしまったんです」

やがて、妹たちは姉を無視するように。

「最初は外にいるときに“自分のお姉ちゃんと思われるのが恥ずかしい”という理由で、そのうち家でもまったく口をきいてもらえなくなって。その状態が5年間続いたんです」

話しかけても答えてもらえない。その時期、妹たちにつけられたあだ名はアメリカのファンタジー映画に出てくる怪物『シュレック』だった。

「2人で“シュレックがさぁ~”と話しているから、映画でもやるのかなと思ってたら、“今日、家にシュレックおるで”って、ひそひそ話してて、私のことかって……」

次ページ妹に対するコンプレックスがバネに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT