「自分の名前」をきれいに書くちょっとしたコツ

コツさえつかめば見違えるほど美しくなる

続いて品のある柔らかな印象になるように名前を書くポイントを3つ紹介します。

1、線をつなげて、柔らかい印象に

柔らかさを出すポイントは、次の線へのつながりです。「一」「二」「三」「川」などを書くときも次の字へのつながりを意識して、書き終わりは止めないで内側に向けてすっと「はね」を入れることで、印象はぐっと変わります。

2本、3本と線が増えていったときは、すべての線をつなげずに最後の2本だけをつなげるといいでしょう。

「三」なら、1画目と2画目はつなげず、2画目と3画目をつなげます。「川」も同様に、最後の2画の線だけをつなげると、柔らかい印象に変わります。また、強い打ち込みを入れないほうがしっとりとした字になります。

ポイント2、3は?

2、はらいはすき間を空ける

「人」「木」「大」などのはらいが使われている漢字は、右はらいの書き方を工夫するだけで、柔らかな印象を与えます。

ポイントは、線をつなげずに少しだけすき間を作り、最後をしっかり払わずに止めることいいでしょう。

3、角に丸み(曲線)をつける

「智」「里」「京」「結」など、四角が入った漢字は角張った印象になりがちですが、曲線を使うことで、柔らかく、こなれた印象の字になります。

まず覚えていただきたいのが、四角の書き方です。「口」のような四角の文字は、数字の2を書くイメージですっと書きます。この応用が中とじです。

『自分の名前がきれいに書ける! 萩原季実子の大人の美文字レッスン帳』(アスコム)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「日」「田」のような字を書くときも、しっかりと中をとじず、2を書くようにします。「角を丸くする」とは、「田」や「山」などの角張った文字の折れ部分は丸みのある曲線で書きます。カクカクさせず、全体を丸くすることで上品な印象になります。

名前から受ける印象はすごく大事ですよね。

「どんな人」だと思ってほしいかで書き方を変えることもできます。「字は体を表す」と言う通り、ビジネスの間柄でこそ、手書きの名前で自分のイメージを伝えてみては、いかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。