「自分の名前」をきれいに書くちょっとしたコツ

コツさえつかめば見違えるほど美しくなる

2、一、二、三で横線きれい

名前の中で、横に長い線を使った漢字はいくつもありますが、例えば「六」「立」「生」のようにほとんど1~3本で成り立っています。

1本の漢字は「一」、2本の漢字は「二」、3本の漢字は「三」をイメージして書いてみましょう。漢数字「一、二、三」のヨコ線の方向を意識することで、落ち着きのある名前が書けるようになります。

すき間法を使う

3、すき間法で品のある字に

「目」や「明」のように、囲みの中にある横線がある漢字を名前にもつ人は意外と多いのではないでしょうか。佐藤や藤原といった名前に使われる「藤」の字の中にも「月」が使われています。

囲みの中に横線のある漢字を見つけたら、線の端をきっちりと囲みに触れさせないのがポイントです。

あえて両サイドにすき間を作るように書いてみましょう。それだけで字に抜け感が出て、名前の雰囲気がどこか上品になります。

4、四角は逆台形でスマートに

田中の「田」や谷口の「口」など、横が長い四角をもつ漢字は真四角(正方形)ではなく、徐々に面積が小さくなる「逆台形」にすると、引き締まった印象になります。

「高」や「南」など底辺が欠けている漢字でも四角になる部分は逆台形で書くといいでしょう。

ただし、「日」や「月」など縦長の四角を持つ漢字は、垂直に線を下ろして長方形を作ります。縦長の四角は逆台形にしないようにしましょう。

次ページ柔らかな印象にするには?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。