ドラッグの王者復権へ! マツキヨが繰り出す捨て身の挽回策《特集・流通大乱》

「マツキヨ」掲げない雑貨店 美意識高い女性取り込みへ

「美」事業強化に向けては雑貨店の展開に乗り出す。医薬品は扱わずに、化粧品やサプリメントなど健康食品、さらに輸入菓子などを販売。安売りは一切しない。「マツモトキヨシ」の名前も看板も掲げない、まったく新たな試みだ。

今秋には1号店を出店予定。その後は「大型商業施設内などを中心に、1年間で最低10店舗は出したい」と同業態を担当する隼田登志夫常務は意気込む。

新業態が狙うのは、化粧品や雑貨への消費意欲が強い「プチリッチ」な女性層の開拓だ。マツキヨは女子高生など若年層や主婦層には強みがあるものの、「ドラッグストアは安売りのイメージが強く、取り扱わせてもらえない化粧品メーカーや製品がある」(隼田氏)ため、すべての女性の需要を取り込めているとは言い切れなかった。

そこで、新業態では「マツキヨ」の屋号を掲げないことで、こうした製品を扱えるようにするほか、マツキヨの中でも“えりすぐり”の美容部員を配置してカウンセリング販売にも力を入れる。さらに、健康食品の販売では管理栄養士も置き、「たとえば美白化粧品を購入するお客様には、ビタミンCを併せて勧められるようにする」(隼田氏)と言う。

ただし、新たな試みに励む一方で、足元には課題も残っている。グループを含めたドラッグ業態の収益のテコ入れだ。

もともと、ドラッグ業態は地域性が高いため、自力出店による全国チェーン化は難しい。そのため、マツキヨも関東圏以外は買収やFCなどによるグループ化を図っているが、「自主性を尊重するあまりか、買収した会社が野放し状態になっている」と、大和総研の松本大介アナリストは指摘する。共同購買には取り組むが、共通の店舗運営マニュアルなどを徹底できておらず、「詰めが甘いのは否めない」(同氏)。

単にグループに企業を入れるだけでは相乗効果が望めないどころか、弱小企業を抱えればかえって利益率も低下しかねない。実際に同社の営業利益率は年々落ち込んでいる。新たな取り組みを進めながら、どれだけ足場固めができるか。かつての輝きを取り戻す道のりは平坦でない。


企業データの詳細はこちら


(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。