iPhone自撮りアプリに起きている「ある変貌」

女子は「さりげない自然な加工」に夢中?

また、どちらのアプリも輪郭や目の大きさをどの程度加工するかを細かく調整し、その設定を保存できるため、次回からは好みのエフェクトをすぐ呼び出せます。お気に入りアプリから離れられない理由のひとつですね。

SNOWブームが始まった頃に人気だった、こってりとした盛りができるほかのアプリは現在身を潜めています。しかし、同じく明らかに盛れていることがわかる「プリクラ」の人気は健在です。

マイナビティーンズラボが2018年11月に発表した「2018年10代女子が選ぶ流行ったモノ」ランキングの7位、8位にプリクラ機の「PINKPINKMONSTER」、そして「これ以上可愛くなってもいいですか」がランクインしています。「プリはプリだから思いっきり盛れるほうが楽しい。全身も入るし」と、新しい学校の制服で集まり、撮影する女子高生たちもいました。

「足を長くする」加工も

最近のSNSは写真だけでなく、動画もシェアします。TikTokにもAIによるビューティ機能があり、顔には106個のポイント、体には17個のポイントを設定してリアルタイムでの加工を施しています。彼女たちが足を長くする加工をしているなんて、ご存じでしたか?

女子たちにとって写真を盛ることは当たり前で、ある種遊びのように「これは盛れたね」「これ○○ちゃんかわいい」と友達同士で言い合っています。とはいえ、あまりにもあからさまな加工をシェアするのは少し気恥ずかしいのでしょう。日常との差をあまり大きくしたくないという気持ちから、「現実カメラ(スマホのカメラ)」を愛用する女子高生もいました。

「さりげない盛り」の流行、プリクラで施される大げさな加工、そして現実を映すスマホのカメラ、この3つがどう共存していくのか、今後の自撮りカルチャーに注目です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。