女子がインスタグラムに夢中になる深いワケ

「映え」から「日常」に移行しつつある

ストーリーズのサービス開始で、Instagramの使われ方はがらりと変わった(写真:Fast&Slow / PIXTA)
「インスタ映え」ですっかり有名になったInstagramですが、そうそう「映え」てもいられません。学校と部活、塾やバイトに追われる中高生はInstagramをどう使っているのでしょうか。今回は中高生のInstagramについてお伝えします。

Instagramは「映え」から「日常」に

2017年は「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に「インスタ映え」が選ばれたほど、写真共有SNS「インスタグラム」の人気が急上昇しました。2018年もSNSへの注目は続き、ショートムービーSNS「TikTok」がノミネートされましたが、惜しくも入賞にはなりませんでした。

この連載の一覧はこちら

TikTokの人気は本連載でも何度か取り上げているのでご存じの方も多いかと思いますが、10代から人気に火が付き、中高年にまで人気が広がりつつあるサービスです。とはいえ、閲覧中心で自分から投稿する人は少なく、SNSというよりもYouTubeのように動画を視聴するプラットフォームとして使われています。

では、いまSNSで中高生に最も熱いサービスはなんでしょうか。それはやはり、Instagramなのです。

プリキャンティーンズラボ byGMOが2018年9月に行った調査によると、女子中学生の約6割(58.8%)、女子高生の8割近く(76.9%)がInstagramのアカウントを持っています。男子はこれよりも少ないことが予想されますが、筆者はそれほど差がないと感じています。

Instagramというと、「インスタ映え」するような投稿をする場所という印象ですが、それは「フィード」と呼ばれる、一般的な投稿の話です。

中高生がメインに使っているのは、「ストーリーズ」と呼ばれる24時間で消える機能です。Instagramアプリを起動すると画面の上部にプロフィールアイコンが並んでいますが、それが「ストーリーズ」を使っている人です。写真や動画、テキストを投稿することができ、ストーリーズを投稿したアカウントは、プロフィール画像が紫っぽい円で囲まれています。Instagramを利用している人はアイコンをタップしてみてください。次々に自動で再生されるため、手間なく閲覧できることが特徴です。

次ページストーリーズが変えたInstagram
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。