行くしかない!運気が上がる「京都のお寺」3選

ディープに巡る、大人のパワースポット

高雄山の中腹、長い石段を上った先にある神護寺。新時代の幕開けとともに京都のお寺に足を運んで心をリセットしてみませんか?(写真:leicahiroba / PIXTA)
超大型連休となった今年のゴールデンウィーク。たくさんの観光客が、日本を代表する観光地・京都を訪れる。宗教や信仰を日頃から意識する日本人は少ないとはいえ、緑まぶしい春の行楽シーズンともなれば、人々はいわば本能的にお寺参りに足を運ぶことも多いのではないだろうか。
この記事では、お寺と仏像をこよなく愛し、新刊『イラスト丸わかりガイド 日本の仏さまとお寺』を著した日本の仏とお寺研究会のお2人が、このゴールデンウィークの京都旅で行っておくべき「ご利益のある」お寺を独自の視点で厳選。そこに祭られている仏様のいわれなど、イラストを使いながら解説してもらった。

牛若丸が天狗と修行した場としても有名

注目パワースポット① 鞍馬寺と毘沙門天

京都屈指のパワースポットとして話題の鞍馬寺(くらまでら)。この寺には650万年前、金星から魔王サナートクマラが降り立ったとの伝承があり、牛若丸(源義経)が天狗と修行した場としても有名です。

本尊は、金星から来た護法魔王と毘沙門(びしゃもん)天、観音が三位一体となった「尊天」。尊天は60年に1度、開帳されます。毘沙門天は、770年に鑑真の弟子・鑑禎(がんてい)が夢のお告げに従い鞍馬山に祭った仏とされ、それが寺の始まりという説があります。

(絵:カワグチニラコ)
次ページこの寺がパワースポットといわれるゆえんは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT