メキシコに「国際結婚移住」した日本人妻の苦悩

孤独と向き合い気づいた本当の「強さ」

国際結婚でメキシコに移住した博美さん(仮名)を待ちかまえていたのは(筆者撮影)

メキシコ・グアナファト州のピピラの丘に登ると、おもちゃ箱をひっくり返したような景色を見ることができる。山肌に積みあがるカラフルな家、黄色くて丸みを帯びた教会――。ファンタジー映画が好きなら、「こんな場所に住んでみたい」と憧れるかもしれない。

実際、メキシコの中でも比較的治安が安定しているグアナファトには、日系企業が多く、駐在している日本人家族も多い。そんな街に、国際結婚後に移住という形でやってきたのが、河村博美さん(仮名・34歳)だ。

日本に留学していたメキシコ人男性と結婚

絵を描くことが好きだった博美さんは、日本でグラフィックデザイナーとして働いていた。その後、得意の英語力を生かし、留学生をサポートする仕事に転職。そこで、夫となるルイスさん(仮名・37歳)と知り合った。

恋愛感情がなかった頃から、博美さんにはなぜか「いずれこの人と一緒になる」という、奇妙な感覚があったという。ルイスさんの両親が日本に遊びに来たときも、まだ交際していなかったため会うことはなかったが、「将来お世話になるだろう」と手土産を渡していた。

やがて博美さんの予感どおり、2人の交際がスタートする。優しくて、何事にも動じない包容力のあるルイスさんとは、一緒にいて安心できた。プロポーズされたときは、うれしくて薬指の指輪をずっと眺めていたという。留学期間が終わり、ルイスさんがメキシコに帰国するタイミングで結婚。博美さんもメキシコに移住する決心をした。

「ここに来たのは、今思えば勢いですね。私はメキシコのことを何も知らなかったので、妻として、夫の国を知りたいと思いました」。博美さんには、20代の頃に1年間、ワーキングホリデーでカナダに暮らした経験がある。メキシコはスペイン語圏だが、英語ができれば何とかなるだろう。ある意味、楽観的な気持ちで、メキシコでの新生活をスタートさせた。

しかし、現実はそう甘くはなかった。

次ページ英語が通じると思っていたのに…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。