雑談がヘタな人は相づちのコツがわかってない

連休明けのお土産や声の高さにも配慮しよう

大事なのは、その話を受けて「自分はどう感じたのか」を相手に伝える言葉を選ぶということです。私は「さしすせそ」のあいづちといって、次のようなフレーズを紹介しています。

「さ=さすがですね」

「し=知らなかったです」

「す=素敵ですね」

「せ=センスがいいですね」

「そ=それはすごいですね」

もちろんこれにならう必要はありませんが、共通するのは、「相手の話に価値がある」というリアクションを取るということです。

しっかり話を聞いて、言葉や動きに情感を込めよう

もちろんただ言うだけではダメで、何よりも大切なのは、しっかりと話を聞いて、言葉や動きに情感を込めることです。つまり、「ああ、この人はちゃんと話を聞いてくれているな」と相手に感じてもらうことがゴールになります。

『超一流の雑談力』(文響社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

雑談というのは、「人」と「人」をつなぐ最初の接点です。このちょっとしたやりとりの中で、お互いの共感が生まれ、理解が深まり、信頼関係の礎となるのです。

社会にはさまざまな肩書きがありますが、それは狭い視野の話であり、結局、最後は人と人。人間同士のつながりの濃さがものを言います。この人なら信頼できそうだなと思われる言動がとれる人を、誰も見捨てません。

仕事はもちろん、友人関係、家族親類の関係もしかりです。薄く浅い、関係をつなげるためではなく、より強く、深く、結びつきを強める。そんなコミュニケーションをとることができれば、人生は間違いなく豊かになっていくはずです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。