イスラエル、トランプの「熱血支援」で政権続投

強硬外交にも世界最強のサポートで追い風に

アメリカだけではない。ネタニヤフ首相再選に大きな効果があった、ロシア支援によるイベントも忘れてはいけない。

「ザハリヤ・バウメル1等軍曹の遺体、イスラエルに帰還」――。

この見出しは1982年、第1次レバノン戦争で行方不明となったザカリヤ・バウメル1等軍曹の遺体が、ロシア連邦軍とシリア政府軍によってシリア国内で発見され、第三国(実はロシア)を経てイスラエルに空輸され、遺族の元に返還された、という話を指している。実際の葬儀は4月4日の夕刻、エルサレムのヘルツェルの丘で行われた(イスラエルの大衆紙『Yediot Aharonot』2019年4月3日号)。

アメリカもロシアも再選を支持した

いわばイスラエル総選挙の日程をはかったかのような壮麗なイベントと言える。ロシアが支援し、アメリカ生まれの元イスラエル兵士の遺骨返還式は、モスクワでネタニヤフ首相とロシア軍参謀総長が出席するという、将軍並みの豪華さで行われたのだ。

これも結果的に見れば、プーチン大統領率いるロシアがネタニヤフ再選を応援した格好になった。ではこの見返りは、いったい何か。ロシアへの機密情報提供なのか。

いずれにせよアメリカからもロシアからも接近されるイスラエル。その動向に興味は尽きない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。