西武の「大型新人」ラビューは球団経営を救うか

昨季首位でも集客下位、ファン層拡大に期待

西武鉄道の新型特急「ラビュー」は埼玉西武ライオンズの集客増に貢献できるか(筆者撮影)

プロ野球2019年シーズン開幕を前にした3月26日、埼玉西武ライオンズは西武狭山線・西武球場前駅近くの寺院で必勝祈願を行った。昨シーズンのパ・リーグ覇者とあって、多くの報道陣が詰めかけ、注目の高さを示した。

首脳陣・選手は昨シーズン果たせなかった日本一を祈願した後、徒歩で西武球場前駅へ向かい、新型特急「ラビュー」の試乗会に臨んだ。4月2・3・4日の千葉ロッテマリーンズとの3連戦に、ラビューによる西武球場前発着「スタジアムエクスプレス・ドーム号」がデビューすることがこのときすでに発表されており、ライオンズの首脳陣・選手の試乗会によるさらなる盛り上げが期待された。

試乗列車出発前には、辻発彦監督と、昨シーズンのパ・リーグ本塁打王・最優秀選手の山川穂高選手らによる記念撮影が行われた後、折り返し点となる西所沢駅へ向けて出発した。

「ラビューで応援に来て」

車内では、首脳陣・選手らが談笑に花を咲かせ、つかの間の新型特急の旅を楽しんだ。

ラビューに試乗したライオンズの中村剛也選手(左)は「座席がフィットする感じがよかった」と話した(筆者撮影)

過去6度本塁打王を獲得し、今シーズンもタイトル獲得を狙う中村剛也選手は「乗り心地はなかなかよかったですね。座席がフィットする感じがよかったです。ライオンズファンの皆さんもラビューに乗ってメットライフドームに来てくれたらうれしいよね」と、球場来場者を増やす役割に期待を示した。

2018年シーズンの埼玉西武ライオンズは開幕から一度も首位を明け渡さない好調なチーム成績などが奏功し、主催試合71試合での観客動員は、プロ野球の観客動員が実数発表となった2005年以降で最多となる176万3174人(1試合平均2万4833人)を記録した。2005年の110万3148人と比較すると、約6割も増えた。また、ファンクラブ会員も2018年シーズン中に10万人を超え、こちらも過去最高となった。

次ページ入場者数は依然として下位
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT