酔えば球場も近い?西武「ビール特急」の挑戦

「遠い」ドーム集客へ、ライオンズと連携強化

今年7月に運転された西武鉄道の「ヱビスビール特急2018 for ライオンズ」の車内(筆者撮影)

2018年シーズン開幕以来、首位をキープしている埼玉西武ライオンズ。同球団が所沢の地に誕生してから40周年の節目の今年、西武グループが総力を挙げてライオンズのファン拡大に取り組んでいる。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その一環として西武鉄道は、2015年から毎年運行している「ヱビスビール特急」をライオンズ主催試合開催日の7月24・25・26日の3日間、その名も「ヱビスビール特急2018 for ライオンズ」として池袋駅から西武球場前駅まで運行した。また8月4日には、歌手の渡辺美里さんのメットライフドーム来場に合わせて、かつて球場でのライブ開催時に運行していた「MISATOトレイン」も13年ぶりに1日限定で復活し、話題を呼んだ。

ビール片手に車内で応援

今回は「ヱビスビール特急2018 for ライオンズ」の25日の車内の様子が報道公開されることになったため、筆者も乗車することにした。同列車の運転時刻は、池袋18時46分発車、西武球場前19時39分着。試合開始の18時には間に合わないものの、レッドアロー号の車内で、ライオンズを応援しながらおいしいビールを飲めるという触れ込みで、各日とも盛況となった。

参加した人たちは、会社帰りの同僚同士、家族、カップルなど多様で、埼玉西武ライオンズが40年の歴史を刻む中で、幅広い年齢層のファンの支持を集めていることを実感した。車内では文化放送ライオンズナイターの埼玉西武ライオンズ対オリックス・バファローズ戦の放送が流され、参加者は試合展開に一喜一憂しながらビールを楽しんだ。

次ページ「球場に行きたくなる」ビール特急の効果
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT