酔えば球場も近い?西武「ビール特急」の挑戦

「遠い」ドーム集客へ、ライオンズと連携強化

ライオンズと西武鉄道は、これまでも両社のwin-winにつながる取り組みに向けて連携してきた。たとえば、池袋線・新宿線所沢駅改札内の待ち合わせ・休憩スペース「リフレッシュスペース(とこてらす)」での野球開催時期の試合放送や、ライオンズのラッピング列車「L-train」の運行だ。1月15日からは、20000系2編成にライオンズラッピングを施した3代目「L-train」が池袋線と新宿線などで運行されている。

今年3月には、西武鉄道所沢駅商業施設「グランエミオ所沢」内に、ライオンズのオフィシャルショップ「ライオンズストア@所沢ステーション」がリニューアルオープンした。試合観戦チケットやグッズの販売に加え、オフィシャルショップでは初となる試合映像の床面投影や、スコアボード風の壁面などで球場の雰囲気を演出している。コンセプトは「まるでメットライフドームにいるかのような空間」だ。

球団が高める西武の価値

また、西武ライオンズは「株式会社西武ライオンズ40周年記念事業 メットライフドームエリアの改修計画・周年イベントについて」を発表し、約180億円を投じて同ドームエリアの改修工事などを含む「ボールパーク化」を進めている。

江戸川大学教授の崎本氏は「インバウンド客の誘致を見据えた総合リゾートエリアを目指す視点で、(隣接する)西武園の活性化を図ることで、ボールパーク化の効果をさらに高めることができる」と指摘する。2021年春ごろ完成予定のボールパーク化を機に、メットライフドームと狭山湖、休園中のユネスコ村、西武山口線レオライナーを介してつながっている西武園などの周辺エリアとの一体開発を進めることが、西武グループの企業価値向上と地域活性化に結実すると考えられる。

西武グループでは、ライオンズが今夏に期間限定で着用した「獅子風流(ししぶる)ユニフォーム」を社員に配布し、支障が生じない範囲で業務中の着用を要請した。「獅子風流ユニフォーム」を着用して接客に当たった西武球場前駅係員の姿にはライオンズへの愛情を感じた。ライオンズは西武グループ社員の精神的シンボルの役割を果たしてきたことは間違いない。グループ社員の士気に好影響を与えてきた面もある。

今後もライオンズと西武鉄道の連携強化を図ることが、西武グループの企業価値向上と鉄道の持続的運営による地域貢献への後押しとなる。そして、何よりもファンが望むライオンズの永続へとつながるはずだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。