阪神・甲子園駅の野球ファン輸送は「神業」だ

試合の流れを読んで臨時のタイミングを判断

阪神甲子園駅の球場出口から出場する観客。球場へのスムーズな動線が確保されている(筆者撮影)

プロ野球のペナントレースもいよいよ終盤戦。セ・リーグでは広島東洋カープが優勝を決め、クライマックスシリーズへの進出を目指して残る球団も火花を散らしている。それぞれのファンも球場で、テレビの前で、熱のこもった応援をしていることだろう。

ところで、多くの球場はその観客輸送を鉄道が担っている。試合の進行に合わせてどのように臨時列車を出し、数万人の観客を安全・的確に輸送しているのか。その“神業”ぶりで有名な、阪神電気鉄道(以下、阪神電鉄)の甲子園駅を取材した。

ナイターでも昼から“臨戦態勢”

画像を拡大
阪神電鉄甲子園駅の藤森駅長(左)と桒村助役。壁に掲げられた優勝時の列車ヘッドマークが懐かしい(筆者撮影)

阪神タイガースの本拠地・阪神甲子園球場。収容人数4万7508人という大スタジアムの最寄り駅が阪神電鉄甲子園駅だ。

「プロ野球の観客のうち、7~8割の方が当駅を利用されます。たとえば試合開始時間が18時だと、熱心なタイガースファンの方はお昼ごろから来場されるので、われわれもその頃から“臨戦態勢”となります」。そう話してくれたのは、観客輸送の陣頭指揮を執る甲子園駅の藤森駅長。今年4月に御影駅長から転任してきたという。

だが、突然“陣頭指揮”と言われても、スムーズにできるものなのだろうか。「実は、阪神電鉄に入社して最初の配属先は、甲子園駅の駅員だったんです。その後、車掌や運転士としても観客輸送を経験していますので、特に戸惑いはありませんでした。経験豊富な助役たちもサポートしてくれますし」(藤森駅長)

同じく取材に応じてくれた助役の桒村さんによると、普段は4人の助役がホームやカウンターで乗客案内にあたるところ、プロ野球開催時などは近隣の駅からの応援も駆けつけ、20人以上で対応するそうだ。

「平日か休日かでも違いますが、往路、つまり球場へ来られるお客様のピークは17~18時ごろ。そこで、この時間帯に当駅行きの臨時列車を出して対応します」(桒村さん)

次ページ降車専用ホームの「裏技」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT