阪神・甲子園駅の野球ファン輸送は「神業」だ

試合の流れを読んで臨時のタイミングを判断

阪神甲子園駅の球場出口から出場する観客。球場へのスムーズな動線が確保されている(筆者撮影)

プロ野球のペナントレースもいよいよ終盤戦。セ・リーグでは広島東洋カープが優勝を決め、クライマックスシリーズへの進出を目指して残る球団も火花を散らしている。それぞれのファンも球場で、テレビの前で、熱のこもった応援をしていることだろう。

ところで、多くの球場はその観客輸送を鉄道が担っている。試合の進行に合わせてどのように臨時列車を出し、数万人の観客を安全・的確に輸送しているのか。その“神業”ぶりで有名な、阪神電気鉄道(以下、阪神電鉄)の甲子園駅を取材した。

ナイターでも昼から“臨戦態勢”

画像を拡大
阪神電鉄甲子園駅の藤森駅長(左)と桒村助役。壁に掲げられた優勝時の列車ヘッドマークが懐かしい(筆者撮影)

阪神タイガースの本拠地・阪神甲子園球場。収容人数4万7508人という大スタジアムの最寄り駅が阪神電鉄甲子園駅だ。

「プロ野球の観客のうち、7~8割の方が当駅を利用されます。たとえば試合開始時間が18時だと、熱心なタイガースファンの方はお昼ごろから来場されるので、われわれもその頃から“臨戦態勢”となります」。そう話してくれたのは、観客輸送の陣頭指揮を執る甲子園駅の藤森駅長。今年4月に御影駅長から転任してきたという。

だが、突然“陣頭指揮”と言われても、スムーズにできるものなのだろうか。「実は、阪神電鉄に入社して最初の配属先は、甲子園駅の駅員だったんです。その後、車掌や運転士としても観客輸送を経験していますので、特に戸惑いはありませんでした。経験豊富な助役たちもサポートしてくれますし」(藤森駅長)

同じく取材に応じてくれた助役の桒村さんによると、普段は4人の助役がホームやカウンターで乗客案内にあたるところ、プロ野球開催時などは近隣の駅からの応援も駆けつけ、20人以上で対応するそうだ。

「平日か休日かでも違いますが、往路、つまり球場へ来られるお客様のピークは17~18時ごろ。そこで、この時間帯に当駅行きの臨時列車を出して対応します」(桒村さん)

次ページ降車専用ホームの「裏技」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。