阪神・甲子園駅の野球ファン輸送は「神業」だ

試合の流れを読んで臨時のタイミングを判断

一方、プロ野球とともに甲子園球場は高校野球も行なわれるが、その観客輸送はプロ野球とは少し違うという。

「高校野球は朝から晩まで数試合が連続して行われます。そのため、途中から来られるお客様、途中で帰られるお客様もいらっしゃいます。一日中、つねに人が動いている状況なので、臨時列車も一気に出すことはありません。また、遠方の学校だと帰りの貸切バスや新幹線の発車まで時間に余裕のあることが多く、試合終了後に近隣の商業施設や観光地などへ立ち寄ってから集合場所の駅へ向かわれる方も多いですね」(桒村さん)

ちなみに、助役が各高校の生徒や応援団に集合場所の駅や時間などを聞くこともあるという。まさに“足で集めた情報”を基に、的確な判断が行われているのだ。

2つの球場輸送を担う阪神電車

画像を拡大
大屋根が架けられた甲子園駅(筆者撮影)
鉄骨ジョイント部に1カ所だけ野球ボールが挟まっているという遊びも(筆者撮影)

ところで、長い歴史を持つ阪神電鉄の観客輸送だが、7年前から少し状況が変わったという。「2009年に当社のなんば線が開業したことで、ドーム前駅が京セラドーム大阪の最寄り駅となり、当社はこちらの観客輸送も担うことになったのです。プロ野球やコンサートなどが同日に開催されることもあるので、人の流れがより多様になりました」(藤森駅長)。

1つの鉄道会社が2カ所の球場輸送を担うというのは、全国的にも珍しい。取材当日も、京セラドーム大阪では人気アーティストのコンサートが行なわれていたが、特にプロ野球開催時は観客の動く時間帯が似通ってくるため、ドーム前駅を管轄する尼崎駅長とも連絡を取り合い、連携しているという。

現在、改良工事が進められている甲子園駅。野球のボールや高校球児のユニフォームをイメージした白い大屋根が架けられ、ホームの幅も拡げられた。「野球観戦というエンターテインメントを楽しんでいただくために、気持ちよく駅を降りていただき、良い思い出を持って帰ってほしい。そのためにも、とにかく安全・快適にご利用いただけるよう、係員全員が使命感を持って応対しています。野球ファンの皆様に阪神電車ファンにもなっていただけるよう、これからも努力してまいります」(藤森駅長)。

タイガースファンや高校野球ファンの聖地を陰で支える阪神電鉄と甲子園駅。甲子園球場を訪れる時は、ぜひその観客輸送にも目を向けていただきたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT