「レトルトカレーが超絶うまくなった」は本当か

種類が多様化、名店カレーも続々登場

2017年にレトルトカレーの売り上げは461億円に達し、カレールウの売り上げ(456億円)を初めて上回った(市場調査会社「インテージ」調べ)。その15年前の2002年時点ではルウの売り上げがレトルトを200億円以上も上回っていただけに、その後のレトルトカレーの躍進ぶりは際立っている(撮影:梅谷秀司)

「レトルトカレーがかなりおいしくなっている気がする」――。最近こんな話を聞くことが少なくない。かつてレトルトカレーと言えば、食事を作るのが面倒なときや急いでいるときなどに仕方なく食べる感があったが、ご当地カレーや名店カレー、エスニックカレーとその種類は増え続けており、インテージの調べによると、2017年にはレトルトの販売額がついにルウを上回った。

果たしてここ数年でレトルトカレーにどんな進化が起きたのだろうか。

レトルトの多様化が大きく進んだ

まず、近年のレトルトカレーの目立った進化として挙げられるのが、商品の多様化だ。エスビー食品・広報ユニットマネジャーで、前部署時代にレトルトカレーの企画開発に長年携わった中島康介氏はこう話す。

「私が商品企画担当に着任した12年前は、レトルトカレーといえばじゃがいも・たまねぎ・にんじんが入る“家のカレー”的な商品が圧倒的主流。一方でタイやインドなど現地の味わいを追求したコアな商品も一部存在しました。その両者がかなり離れていて、間に位置するものがほぼなかったんです。

この連載の一覧はこちら

でも本当は、その間にも自分たちが食べたいカレーがたくさんあるはずでした。そこで、そのすき間を埋めるさまざまなバリエーションの商品を開発していこうと考えました」

こうして同社は、それまでレトルトではほとんど例がなかった濃厚なキーマカレーや、チーズをトッピングした欧風カレー、本格派だがほどよく日本人向けにアレンジしたグリーンカレーなどを続々とリリース。同じように他社からも、家のカレーとは違ったテイストの商品が次々発売された。こうした多様化により、ユーザーは自分好みのものに出会いやすくなった。

多様化の背景には家族構成の変化があると言うのは、食品専門店「北野エース」を運営するエースの商品統括事業部・斉藤太一氏だ。同社といえば、数百種類ものレトルトカレーを本のように並べた「カレーなる本棚」が有名だ。 

次ページ独特の「レトルト臭」がなくなった?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。