新大久保「おかわり自由500円カレー」の衝撃

ネパール版定食「ダルバート」とは?

新大久保のネパール料理店アーガンのダルバート。500円でご飯、スープ、カレー汁はおかわり自由というから驚きだ(撮影:今井康一)

よく見慣れた光景も、「カレー」というフィルターを通すことで、別の世界が見えてくる。同一ジャンルのカレー店が目につく街、本業の裏でひそかに“カレー活動”する人、局地的に巻き起こるカレーの新潮流。そうした、カレー目線からこそ見える異世界=「カレー経済圏」がある。

今回訪れたのは、東京・新大久保。韓流の聖地という印象が強いが、ひと頃よりは韓国系店舗の数は減り、現在はアジア各国の人々が集う多国籍タウンの様相を呈している。そんな中で、ワンコインでお腹いっぱいになるカレーランチがじわじわと人気を集め始めている。

相場の半額という破格ぶり

新大久保の新しい名物となりつつある食べ物。それが「ダルバート」だ。ダルバートとはネパールの食べ物で、豆のスープとごはん、そしてスパイシーなおかずがセットになった定食だ。ダル=豆、バート=ごはんの意だけに、ダルスープとごはんは必ず付く。その点では、みそ汁とごはんが必ず付く日本の定食にも近い。

この連載の一覧はこちら

おかずの内容はまちまちだが、サラサラなカレーに副菜と漬物が付くことが一般的。ネパールの人々は、これを朝に夕に毎日食べるという。日本ではまだマイナーな存在ではあるが、ダルバートを供する本格派のネパール料理店も年々増えている。値段はランチで1000円前後するのが相場だ。

ところが新大久保には、そんなダルバートを500円で提供する店がいくつもある。わかっているだけでも、アーガン、ニュームスタング、ラトバレ、ネパールレストランさくら、ベットガット、東京ロディクラブ、ダバカ、ナングロガルと8店舗にも上る。相場を考えると、破格値だ。

さらに驚くべきことに、ワンコインでありながら多くの店が「おかわり自由」で提供している。正確に言えばダルスープとごはん、そしてカレースープ(具を含まないカレー汁)が何度でもおかわりできるというシステム。しかもこれがランチタイムに限らず、オールタイムで適用されるというのである。

次ページ肝心のダルバートの味は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。