「樹木希林と市原悦子」一流女優のすごい共通点

2人の名女優が私たちに教えてくれたこと

また、家庭内暴力が起きている家に派遣されたとき、「青少年問題には興味ない。立ち入れない」とつぶやく回もあった。大沢家政婦紹介所の所長・大沢キヌヨ(野村昭子)も子どもがいない。乱れた男女関係には興味津々でも、子どもが絡むとテンションが下がる市原と野村。「あたしら子どもがいないからねぇ」と。すごくわかる。ホント興味ないし、わからないから。

市原のエッセイ本『ひとりごと』(春秋社)を読んで知ったのだが、彼女自身も何度か流産を経験し、子どもができなかったそうだ。母親役のオファーが多かったが、あるときから「もう母親役、とくにホームドラマはやらない」と決めたという。その後の文言に痺れたので、これも転載しておく。

「やはり私は一人で生きている女性のなにかを演じたい。その人たちと握手して、連帯したい、と」

人気シリーズ「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」(1994~2017年・フジテレビ)でも、市原は子どもがいない女刑事の役だった。夫は官能小説家で、蛭子能収が演じるというトリッキーなキャスティング。桜乙女も「家政婦は見た!」の石崎秋子同様、庶民感覚が基本で、冷蔵庫やクローゼットの中身からさまざまな推理を働かせる。

こっちは積極的に事件解決に導くのだが、ちょっとしたロマンス(同僚刑事の火野正平にキスされたり)とエロス(蛭子の官能小説を市原が朗読する)も仕込んである。市原はどの役でもよく動き、よく走る。彼女自身、「体を張って働く女像」を大切にしていたのではないか。まさに、握手して、連帯してくれたのだと思っている。

「我流」を「一流」にした2人

樹木も市原も、女優として自分なりの闘い方を築いた人だ。劣等感をバネに、「我流」を「一流」といわしめた努力と才能の人でもある。

全作品を観たわけではないが、2人が出演した作品もある。1つは、テレビドラマ「花へんろ」(1985・1986・1988年・NHK)。樹木は第1章で娘を捨てていく女遍路役、市原は第2章で元芸者の盲目の女遍路役だ。若かりし日の2人がそれぞれの持ち味を生かした役を演じている。もう1つは、映画『あん』(2015年)だ。2人とも、苦労を重ねた人生の重みを穏やかな表情で演じた。

どちらも私の好物「3ない」ではないが、一流の女優の演技は、必ず、人の心に刺さる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。