夫婦で「保活」に挑んだ男性が得た意外な気づき 育休をとったコピーライターの奮闘記

拡大
縮小
夫婦で一緒に保活に取り組むメリットとは?(写真:Ushico/PIXTA)

厚生労働省の発表では、全国の「待機児童」は、1万9895人(2018年4月1日時点)。前年比では4年ぶりに減少傾向になったが、いまだ2万人近い。そして、今年もまた「保活」の命運が分かれる季節だが、保活の負担もイニシアチブも、母親(妻)に偏重しがちな現実がある。

一方で、保活を二人三脚で行う家庭も徐々に見られるようになった。東京で広告会社、電通に勤務しながら、第一子(娘)の誕生を機に6カ月の育休を取った魚返洋平氏は、著書『男コピーライター、育休をとる。』の中で、同じく育休中の妻と共に体験した保活の一部始終(2017~2018年)をつづっている。今回は、とある激戦区でのケースを男性の視点から語ってもらおう。

「認可保育園至上主義」からの解放

僕の住んでいる地方自治体(区)は、全国でも屈指の待機児童数である。認可保育園(以下、認可)の申込書に「第30希望」まで記入できる、と知ったときは驚愕したものだ。どこまで熾烈な戦いが始まるんだ?

せっかく半年間の育休を取っていたこともあり、夫婦二人で保活を頑張ってみることにした。目指すゴールは、わが子が0歳の4月に入園させること。妻もそのタイミングで復職する予定だった。

本来、保活なんて不要であるに越したことはないのだが、共働きである以上、レースへの不参加を決め込むわけにもいかないのがつらいところ。ただ、そんな保活も二人三脚で行うことで、家族にとってポジティブなチャンスになりうる。これは体験してみて感じたことだ。

重要な気づきがもう1つ。“認可保育園至上主義”に陥る必要はないということだ。僕は当初、認可に比べて認可外保育園(以下、認可外)は、保育料が高く、かつ保育の質もリスキーなのではないか? といった先入観を持っていた。だが、必ずしもそうとは限らないのだと知ることになる。以下、わが家がたどった道筋を紹介したい。

認可の入園選考は、世帯ごとの点数(指数)によって機械的に行われる。フルタイムの共働きである以外に加点要素のないわが家が、この激戦区で認可に入ることは超困難に思われた。とはいえ、圏内の保育園(以下、園)はすべて見ておかなければ悔いが残る。

次ページ保活を始めたとたん、最初のカベにぶつかる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT