カリスマ投資家が実践する「勝率の高い戦略」

「おしぼりの出る株主総会」に感動を覚えた

カリスマ投資家の内田衛氏は3月半ばに複数の株主総会に出席。おしぼりの出る株主総会は初めてだったという(写真:ABC/PIXTA)
3月27日からは実質新年度相場入り。カリスマ投資家の内田衛氏は3月の中旬から下旬にかけては「プチ株主総会ラッシュ」。そこで「総会累積出席数百回」を誇る内田氏が感動した意外なサービスとは? 早速、「株日記」で振り返って見よう。

有楽町スバル座がなくなるのは寂しい

【3月11日 月曜日】先週末の日経225先物は、80円高の2万0850円。NYダウは22ドル安の2万5450ドル。1ドル=111.11円、1ユーロ=124.80円。

この連載の一覧はコチラ

オムロン(6645)が日経平均採用銘柄となることが決まり、705円高の5460円とストップ高。日経平均株価は、99円高の2万1125円と反発した。

【3月12日 火曜日】日経225先物は、220円高の2万1150円、NYダウは、200ドル高の2万5650ドル。日経平均は、378円高の2万1503円と続伸で、8日の430円安を2日で取り戻す。

【3月13日 水曜日】日経225先物は、110円安の2万1220円、NYダウは、96ドル安の2万5554ドル。英EU離脱、土壇場でまた迷走、延期論に勢い。アパート経営のTATERU(1435)が、34円高(14.66%、値上がり率2位)の266円と大幅高。優待目的で500株保有中。日経平均は、213円安の2万1290円。

【3月14日 木曜日】日経225先物は、260円高の2万1310円。NYダウは、148ドル高の2万5702ドル。英議会、合意なき離脱を不支持、日経平均は、3円安の2万1287円。近畿地盤の外食のフレンドリー(8209)が、55円高の1750円、優待目的で2700株保有中。同じくヤマダ電機(9831)は、16円高の573円と3月期末の優待権利取りの動きか。ヤマダ電機は6000株保有中。

以前、保有していたスバル興業(9632)が経営している有楽町スバル座が10月中旬頃に閉館すると発表した。1966年4月開館で53年の歴史に幕を閉じることになった。絨毯もフカフカで、昔の高級ホテルのような作りで、とてもリッチな気分にさせてくれる映画館だった。こういう映画館がなくなってしまうのは、とても残念だな。株主優待の変更の発表もしている。

【3月15日 金曜日】日経225先物は、40円高の2万1160円、NYダウは、7ドル高の2万5709ドル。英議会、離脱延期を可決、条件付きで6月末まで。カタログ通販中堅のスクロール(8005)を380円で900株買い、計1万6000株保有。日経平均は、163円高の2万1450円とアノマリー通り反発した。

次ページこれは新鮮!株主総会で「初めての体験」をした
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。