カリスマ投資家が実践する「勝率の高い戦略」

「おしぼりの出る株主総会」に感動を覚えた

【3月22日 金曜日】NYダウは、216ドル高の2万5962ドル。オエノンホールディングス(2533)(旧・合同酒精)の株主総会出席のため、帝国ホテル東京へ行く。出席は4年連続で、株主になったきっかけは、2015年12月より株主優待制度を新設したから。銀座6丁目にある本社は、墨田区へ移転し、銀座の土地は、ロイヤルパークホテルズに賃貸するそうだ。

また、4年前に株主となった頃の株価は約200円で、今は2倍の約400円で推移している。売り上げがジリ貧な傾向が続いているのに「中期経営計画2023」では、売上高900億円(2018年は、771億円)配当金10円(2018年は7円)をどうやって達成するのかと思っていたら、ほかの株主さんが質問してくれて、売り上げ増の半分は、静岡工場でアルコールの製造を4万キロリットル増やし、コスト減となるそうだ。

総会終了後、お楽しみの試飲会会場へ移り、同社の焼酎などを使って作ったなだ万のおつまみをもらって試飲した。昨年は、かなり年配の株主が飲み過ぎてひっくり返っていたが、今年は大丈夫だった。お土産は、くだものの缶チューハイ3本セット。オエノンホールディングスの終値は、4円安の406円。日経平均は、18円高の2万1627円と小幅続伸。

4月3日の「勝率75%の日」に3月権利銘柄売却も?

【3月23日 土曜日】日経225先物は、370円安の2万0970円。NYダウは460ドル安の2万5502ドル。1ドル=109.93円、1ユーロ=124.38円と円高進む。アメリカ金利、「長短逆転」で売り加速。

GMOアドパートナーズのお土産はヨックモックのシガールとパイロットのフリクションボール2本(黒と赤)だった(筆者撮影) (筆者撮影)

【3月24日 日曜日】GMOフィナンシャルホールディングス(7177)の株主総会出席のため、渋谷にある先週と同じセルリアンタワー東急ホテルへ行く。優待目的で5000株保有中。GMOクリック証券の個人向けFX(為替)取引高は、7年連続世界1位なのだそうだ。

配当性向は50%をメドとし、前期は年32.25円の配当となった。直近3月22日の終値667円から計算すると4.83%と高配当利回り株だ。

GMOフィナンシャルホールディングスのお土産はガトーショコラ。なかなかの高級感だ(筆者撮影)

お土産は、先週のGMOアドパートナーズと同じかなと思っていたが、ホテルニューオオタニオリジナルのガトーショコラ(ミルク、スイート各2つ)で、調べたら2160円(税込)と結構いい値段。パイロットフリクションボール黒1本、新垣結衣さんのクリアファイル、エビアンのミネラルウォーターであった。

ガトーショコラの包装紙にも会社のロゴ入りの包装紙を使っており、一般株主が出席しやすいように開催日も日曜日にしたりと、経営者の配慮に好感を持った。

来週も26、27、28日と12月決算企業の総会出席は続く。NYダウの460ドル安は気になるけど、3月26日は3月期末権利付最終売買日だ。また4月3日水曜日は、日経平均日別勝率ランキングで5位の日で、勝率75%(18勝6敗)「1985年10月~2017年9月までの日経平均をもとに算出」で、3月権利を取った銘柄をこの日に売ってキャッシュ化比率を上げようかと考えている。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。