リクルート、37歳の司令塔が描く「新戦略」

リクルートの若き経営室室長と語る(上)

今村:「全従業員にこういうスキルとスタンスを求めます」という人事開発の項目があるんですね。その中でいちばん重要なのが圧倒的な当事者意識。それに並行してあるのが、「やり抜く」「広く深く学び続ける」「チームとしての協働を追及する」など。

けっこうこの「やり抜く」というのがポイントかもしれないと思っています。やっていることはすごく当たり前のことばかりですが、それをものすごく細かいところまで考え抜く。アプリの開発にしても、雑誌やWEBサービスにしても、広告の台割にしても、流通にしてもそうです。徹底的にそのミッションを、他人事ではなくして自分事として「やり抜く」というところがうちの強さだと思います。

なぜ今村さんは会社を辞めないのか?

瀧本:それはすごくそうだと思います。たとえば僕がリクルートの人に「こういう市場調査をしたいのでアンケートをとってきてください」と依頼すると、普通の会社は「一応これだけやればやったことになるよな」という資料が上がってくる。でもリクルートは「本当にこれ全部取ってきちゃったんですか?」と、こちらが心配になるくらいのレベルのものを持ってくる。そこが全然、違います。

今村:ネットの時代になって競合の参入障壁も低くなり、リクルートと同じようなビジネスモデルの会社もいっぱい出てきている。でも結果的にうちとの違いは、その「やり抜く」ところだと思います。もちろん他社にもすごいところはいっぱいありますが、うちはオタクのこだわりみたいな、最後のオペレーションの力で負けない。商品を作る人もそうですし、営業もそうです。

瀧本:やたらと研修も多い会社ですよね。

今村:多いですね。これもDNAのひとつなのかもしれませんが、やっぱり人が価値の源泉なので、そこを磨き続けないと勝ち続けることはできないと、みんな実感していると思います。

瀧本:その一方で、辞める人は非常に多いでしょう。辞める人はなぜ辞めるのか。そしてなぜ今村さんは辞めないのか。

今村:やっぱり、「自分でこういうことをやりたい」という思いを持った人間が、他社より多いからかもしれません。そういう人は「リクルートの外に出たほうが、自分のやりたいことがやれる」と思ったらすぐに辞める。個々人のやりたいことを支える人事制度ももちろんありますが、もともと独立心の強い人が多いことが、退職率を上げているのかもしれません。

僕自身は、今まで4年に1回くらいの割合で異動しているので、その都度、新しいチャレンジをさせてもらっている。社内で自分のやりたいこと、やれることがある状態が今日まで15年間続いてきた感じですね。

次ページリクルート、3つの課題
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT