「変化を恐れるな」ホーキング博士最後の警句

AI時代に人間に課せられた役割とは何か

大規模公開オンライン講座(MOOCs)とエンターテインメントでは、対話型の個別指導が役に立ちそうだ。歳をとらず、普通ならできないような演技のできるデジタルな俳優が登場したら、すばらしいのではないだろうか。未来のアイドルは、生身の人間ではなくなるかもしれない。

デジタルワールドにどうコネクトするかは、将来的に何がどれだけできるようになるかを決める鍵になるだろう。最大限にコンピューター化された都市の、最大限にコンピューター化された家庭には、直感的にやすやすと操作できる道具類が装備されるだろう。

タイプライターが発明されたとき、機械との相互作用の仕方がそれまでの縛りから自由になった。それから約150年後には、タッチスクリーンが、デジタルワールドとのコミュニケーションに新たな扉を開いた。最近のAI研究のランドマークである自動運転車や囲碁でコンピューターが人間に勝利したことなどは、これから起こることの前触れにすぎない。

AIは私たちの知能を支えアドバイスをする

AIテクノロジーには巨額の資金が投入されており、私たちの生活のかなりの部分は、すでにこのテクノロジーによって形づくられている。これから数十年のうちに、AIは社会のあらゆる面に浸透し、医療、仕事、教育、科学を含む多くの領域で私たちを知能面で支え、アドバイスをくれるようになるだろう。すでに成し遂げられたことは、これからの数十年間に起こることに比べれば色褪(いろあ)せて見えるだろう。私たちの頭脳がAIで増幅されたら何ができるようになるかは、予測もつかないほどだ。

この新しいテクノロジー革命のさまざまなツールを使えば、人間はより良い暮らしができるようになるだろう。たとえば、脊椎損傷の麻痺を取るためのAIが開発されつつある。シリコンチップ・インプラントと、脳と身体をつなぐワイヤレス・エレクトロニック・インターフェースを作れば、そのテクノロジーのおかげで、頭のなかで考えるだけで、自分の身体の動きを制御できるようになるだろう。

コミュニケーションの未来は、脳とコンピューターのインターフェースにあると私は信じている。インターフェースには、頭蓋骨の上に電極をつけるものと、頭蓋のなかに埋め込むインプラント方式のふたつの方法がある。

次ページ量子コンピューターが一切を変える
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。