広大な海の小さな船上で学んだこと

できないことを認める大切さ

 アメリカの大学というと、ハーバードなどのアイビーリーグばかり注目されるが、ほかにも一流校は多い。その代表格がリベラルアーツカレッジだ。知識詰め込み式ではない、考える力を養う教養教育により、多くのエリートを輩出している。トップリベラルアーツカレッジではどのような授業が展開されているのか。東大をやめ、全米No.1のリベラルアーツカレッジに入学した著者が、現地からレポートする。

Williamsでは、3年生になると半数以上が、半年または1年間留学をします。行き先はヨーロッパ、アフリカ、アジア、南米など世界中に学生が旅立っていきます。大学が企画するプログラムにWilliams Exeter Program at Oxfordというのがあり、毎年20人程度の学生が選出され、1年間イギリスのオックスフォード大学のエクセターカレッジに留学をします。

もうひとつの大学企画プログラムにWilliams-Mystic Program というのがあり、私は2年生の春学期に参加してみました。このプログラムは、Williamsがコネチカット州にあるMystic Seaportと共同で行っている、海洋学を学際的に学ぶプログラムです。

今回は、Williams Mysticについて、特に、帆船実習で学んだ、「できないことを認めることの大切さ」について書いてみようと思います。

・Williams Mystic

参加者は、全員で22人。半分がWilliamsから、もう半分が他校からの参加者でした。寮はなく、4~6人の学生でMystic Estuary沿いの家に住み、料理、洗濯、掃除などは自分たちで行います。通常の学期では、授業選択が可能ですが、Mysticでは、Maritime History(歴史)、Maritime Literature(文学)、 Marine Policy(法律)、Marine Science(科学)を全員が受けます。履修の柔軟性がない一方、教授たちが協力し、さまざまな分野のつながりを実感できる授業構成になっています。

プログラムのハイライトとも言えるのが、フロリダでの10日間の帆船実習、西海岸で10日間、ルイジアナで4日間のフィールドワークです。通常の授業では、リーディング、ディスカッション、ライティングと、ひたすら頭だけを使うことが多いのですが、フィールドワークを通して、読んだだけではわからないことを体感できる貴重な経験となります。

・クルーズ旅行?

フロリダで10日間の船旅と聞いたときは、カリブ海を周る豪華なクルーズの旅を勝手にイメージしていました。しかし、直前の説明会で、

「シャワーは3日に1回しか浴びられません」

「パーソナルスペースは1畳程度の大きさのバンクベッドだけです」

「1日10時間労働です」

「船酔いを経験する人がほとんどで、嘔吐は免れません」

など言われたときには、「ん?」と思ったのですが、英語を聞き間違えたことにして、現実を直視しないようにしました。

次ページ船酔いとの戦い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT