広大な海の小さな船上で学んだこと

できないことを認める大切さ

・船酔い後: 広大な海で小さな船上の孤独感

しかし、本当に大変だったのはこの後でした。船酔いから回復して、「よし働くぞ!」と思っても、そう簡単にはいきませんでした。

Ready on the main downhaul!

Get the hourly!

What’s ADCP?

Make it fast!

We’ll give!

と、指示を出されても訳がわからず、おろおろするばかりだったのです。私が船酔いでダウンしている間に、すでに船酔いから回復していたほかの皆は、デッキの仕事とか、実験の方法とか、データシートの記入の仕方とか、ライン(帆の揚げ下げをするときにひっぱる縄のことです)などをもう覚えていました。私は大幅に遅れをとっていたのです。

私が基本的な作業ができていないと、「なんでできないの?」という目線を向けたり、“Here !”と言って私から仕事を取ってしまったりするメンバーもいて、もどかしい思いをしました。

役に立ちたいと思ってもできず、やる気のないやつと見られてしまうのは悲しかったですし、うまく英語が使えず(特に帆船独特の言い回しがわからず)誤解を生むこともあり、孤独な思いをしました。

自分の弱点を認める

「もう嫌だー!」と思った(かつ、海に向かって叫んだ)のですが、

(1)頑張って追いつく

(2)海に飛び込む

の2択しかなく、(1)を選びました。

始めのうちは、初歩的なことを聞くのが恥ずかしく、何をやっているのか自分でもわからないまま、さまざまな作業をやっていました。が、実際何もできておらず、グループの皆からも、「適当なやつ」「使えないやつ」という認識をされてしまいました。

そこで、「船酔いが原因であろうと、単に怠けていたからであろうと、『できない』という事実は同じなのだから、自分ができないことはできないと認めて、きちんとほかの人に聞こう」と思うようになりました。

そんなわけで、船酔いがどうだとか非生産的な言い訳をするのはやめて、「ここはわかったのだけれど、ここはわからないから教えてくれる?」と友達に聞くようになりました。

始めのうちは、めんどんくさいやつと思われていたのですが、自分から積極的にコミュニケーションをとることで、早いスピードで皆に追いつくことができるようになり、6日目頃からは皆と同じように作業ができるようになりました。

次ページできない分だけ伸びしろがある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT