日本人は「人口減」で起こる危機を甘く見ている

最低賃金を上げ、自ら変わらねばならない

だから、誰かが「日本人の変わらない力は異常」と言っていたことにも同感するのだそうだ。これだけの危機に直面していても自ら変わろうとしないのは、普通の人間の感覚では理解できず、異常以外の何物でもないと言い切るのである。残念ながら、そこには共感するしかないだろう。

なぜ、こんなにも頑なに変わろうとしないのか。変わる必要がないと思っている人たちは、こんな理屈を述べ立てます。
日本は世界第3位の経済大国である
戦後、日本経済は大きく成長してきた
日本は技術大国である
日本は特殊な国である
よって、日本のやり方は正しいし、変える必要はない(249ページより)

そして、アトキンソン氏が「変える必要がある」と指摘すると、次のような反論が返ってくるのだという。

日本はお金だけじゃない、もっと大切なものがあるんだ
前例がない
海外との比較は価値観の押し付けだ
今までのやり方は日本の文化だ
見えない価値がある
データ、データと言っても、データはいらない
さらに、本音を言う人は「俺はこれ以上がんばるつもりはないよ」と言います。(250ページより)

動かない日本を動かす方法

確かに、どこかで聞いたことのあるフレーズばかりだ。それはともかく興味深いのは、アトキンソン氏が耳にしたという「こうした偏屈ともいえる意見を持つ人が少なくないのは、日本人の平均年齢が上がっていることに原因があるという人もいる」という意見だ。

『日本人の勝算』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

40歳を過ぎると人間はなかなか変わろうとしないものだし、新しい考え方を受け入れなくなる傾向がある。日本は国民の平均年齢が40歳に近いので、社会全体が変化しづらくなってきているということだ。

しかし、仮にそうだったとしても、私たちは大きく意識を変えなければならない時期にきているのかもしれない。そして重要なのは、かたくなに動こうとしない日本という国を、どう動かすか、動かせるか。

日本企業は、自由にさせておくと、生産性を向上させる方向に向かわないだろう。アトキンソン氏も言っているとおり、それは歴史を振り返ってみれば明らかだ。だとすれば、手段はひとつしかないことになる。

すなわち、強制的にやらせることだ。そのためには、最低賃金の引き上げが最適だという考え方なのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング