ポストGoProの「Insta360」は一体何が凄いのか

「360度カメラ」がビデオカメラを駆逐する

GoProに代表されるアクションカムが伸びたのは、従来のデジタルカメラも、スマートフォン内蔵カメラも及ばない用途を実現していたからだ。しかし、今後はGoProが切り拓いたアクションカムの領域……すなわち「スマホでは撮影できない動画」市場は、全天球カメラが侵食していくと予想する。

価格帯が近い2つの製品(Insta360 ONE XとEVO)が存在していることからもわかるとおり、現時点ではひとつの製品ですべてのニーズを満たせているわけではない。EVOには防水ハウジングは用意されておらず、ONE Xもハウジングなしでは防水性はない。またEVOはVRに対応できる一方で、手でホールドしにくいというデメリットもある(通常は伸縮する棒を取り付けて撮影することになるだろう)。

折りたたんだ状態の「Insta360 EVO」。全天球カメラとして360度撮影ができる(筆者撮影)

画質面においても、360度画像から映像を切り出して編集するといった使い方では、GoPro HERO 7のような高画質が得られないのもまた事実だ。
しかし、いずれもデバイスの高性能化や設計の洗練などによって解決するだろう要素であることも間違いない。

一方で360度カメラの映像処理には、このジャンル独特のノウハウが必要になる。その1つは前述した6軸ジャイロスコープを用いた手ぶれ補正だが、もう1つは、2つの魚眼レンズから得られる画像を自然につなぐ「ステッチング」だ。

人気の「ステッチング」機能とは?

Insta360人気の陰にはステッチングの優秀性もある。例えば、カムを支える棒を取り付けて動画撮影した場合でも、手元にあるはずの棒が見えないよう上手にステッチされる。EVOに限っては、本体に厚みがあるため、とくに近景においてつなぎ目に死角(撮影できない領域)が生まれるが、風景の中では実に巧みに溶け込ませる処理がされる。

EVOは本体が厚いため近景では死角が生まれるが、カメラあたり約200度の範囲が撮像されているため、距離が離れている被写体はキレイに映像がつながる(筆者撮影)

また、楽しむためのハードルが高いと思われがちなVR映像だが、Insta360 EVOにはVR映像を楽しむための簡易的ながら、折りたたんで持ち歩けるゴーグルが添付されている。

iPhoneに付属の汎用VR鑑賞用ゴーグルを装着したところ(筆者撮影)

これを手持ちのスマートフォンに装着すれば、VR専用デバイスを用いなくとも手軽にVRを楽しむことが可能だが、何げなく撮影した映像であってもとくに編集することなく、自然な3D感を持つVR映像に仕上げてくれた。

使い方や特徴が異なる、2つの優れた製品がラインナップするInsta360シリーズは、今後もさらに市場での存在感を強めていきそうだ。ライバルも力をつけていくだろうことを考えれば、近い将来、この市場はアクションカム市場を追い抜く規模に成長するだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT