カシミール問題で露呈、印パ首相「格の違い」

本当に問題を解決したいのはどちらか

カシミール問題に対して、これまでのパキスタン首相とはスタンスがかなり異なるカーン首相(写真:Thomas Peter/Reuters)

カシミールの領有権をめぐってインドとパキスタンがまたもや戦争に突入するのではないかとの懸念が強まっている。印パはともに核保有国だ。

だが、今回はかつての軍事対立と違ってパキスタンが引き金を引いたわけではない。緊張をあおっているのはインドだ。

カシミールを武装地帯に変えてしまった

事の発端は確かにインド警察隊を狙ったテロだった。2月14日にカシミールのインド支配地域で1人の若者が自爆テロを決行し、警官40人を殺害した。翌日、パキスタンを拠点とするイスラム過激派組織「ジェイシモハメド」が犯行声明を出した。

これに対しインドのモディ政権はジェイシモハメドだけでなく、パキスタンにも報復すると誓った。

だが、この決断は現実を正しく反映したものではない。ジェイシモハメドはパキスタンが拠点ということになってはいるが、実際にはインド支配地域の若者に支持者が多い。自爆テロの実行犯も、そうした若者の1人だった。

理由ははっきりしている。インドのモディ首相が反乱制圧のため25万人もの武装警察をカシミールに送り、同地を世界有数の武装地帯に変えてしまったからだ。インド警察の度を超した武力行使に若者が反発し、過激派組織に走るようになったのである。

だがモディ氏はこうした現実を無視し、パキスタンに非難を浴びせている。今回の対立を政治的な人気取りに利用するつもりなのだ。

次ページしかし、パキスタンの首相はいままでと異なる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 財新
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT