カシミール問題で露呈、印パ首相「格の違い」

本当に問題を解決したいのはどちらか

カシミール問題に対して、これまでのパキスタン首相とはスタンスがかなり異なるカーン首相(写真:Thomas Peter/Reuters)

カシミールの領有権をめぐってインドとパキスタンがまたもや戦争に突入するのではないかとの懸念が強まっている。印パはともに核保有国だ。

だが、今回はかつての軍事対立と違ってパキスタンが引き金を引いたわけではない。緊張をあおっているのはインドだ。

カシミールを武装地帯に変えてしまった

事の発端は確かにインド警察隊を狙ったテロだった。2月14日にカシミールのインド支配地域で1人の若者が自爆テロを決行し、警官40人を殺害した。翌日、パキスタンを拠点とするイスラム過激派組織「ジェイシモハメド」が犯行声明を出した。

これに対しインドのモディ政権はジェイシモハメドだけでなく、パキスタンにも報復すると誓った。

だが、この決断は現実を正しく反映したものではない。ジェイシモハメドはパキスタンが拠点ということになってはいるが、実際にはインド支配地域の若者に支持者が多い。自爆テロの実行犯も、そうした若者の1人だった。

理由ははっきりしている。インドのモディ首相が反乱制圧のため25万人もの武装警察をカシミールに送り、同地を世界有数の武装地帯に変えてしまったからだ。インド警察の度を超した武力行使に若者が反発し、過激派組織に走るようになったのである。

だがモディ氏はこうした現実を無視し、パキスタンに非難を浴びせている。今回の対立を政治的な人気取りに利用するつもりなのだ。

次ページしかし、パキスタンの首相はいままでと異なる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。