つらい「断食」にイスラム教徒が熱中する理由

ラマダーン体験者が語る何も口にしない苦労

例えば、来世の報いを望んで礼拝する者や斎戒する者は、過去に犯した罪が許されるとも言われます。なかでも、ムハンマドに最初にコーランが下されたと考えられる「みいつの夜」は、ラマダーン月最後の10日の奇数日のどれかと言われ、この日の善行は1000カ月に勝るといわれています。

そのためラマダーン月だけは、しっかりとやるといって斎戒を頑張るムスリムもいます。普段の数倍で、日によっては1000カ月分なので、そりゃ、やらないわけないですよね。

善行が推奨されるラマダーン月ですが、何といっても毎日の日没後の解放感がたまりません。日没後には断食明けの食事――イフタールを取ります。

半日間、胃腸を使っていなかったので、いきなりメインを食べるのは危険です。ナツメヤシや水、あるいは甘いジュースなどで体を目覚めさせてから食事を始めます。料理はもちろんその土地によって異なります。

断食明けに食べるもの

イランであればイラン料理、バンコクでイフタールのご相伴にあずかったときには、やはりタイ料理でした。アメリカでは、イフタールの食事会をモスクで行っているところもあります。

『「サトコとナダ』」から考えるイスラム入門 ムスリムの生活・文化・歴史』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

イフタールを家で作る家庭も多いですが、ケータリングでということも近年では増えているようで、イフタール・セットなるものを作っているレストランもあります。また貧困者のために、裕福な人が食事をふるまう席が屋外に設けられる地域もあります。

ラマダーンはついつい食べすぎてしまって太ってしまうという話があります。筆者も知人の家にお呼ばれしているときには、いつも以上に豪華な食事で太ってしまいました。ラマダーンは普段以上に肉の消費が増え、普段以上にお金が使われる月でもあります。それがラマダーン月が明けるまで約1カ月弱行われます。

そして第10番のシャウワール月初日に行う「断食明け祭(イード・アル=フィトル)」を迎えます。この日は朝に祭日の礼拝を行い、特別な喜捨を行うことが一般的です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT