つらい「断食」にイスラム教徒が熱中する理由

ラマダーン体験者が語る何も口にしない苦労

日中の暑い地域は大変です。専門の宗教学院の中にはラマダーン月を休講期間にするところもありますが、そのほかは通常営業です。旅行者用に開けているレストランは、営業しているのがわからないようにカーテンをかけたり、日没まで寝転がって過ごそうという商店主がいたりと、何だか町のなかから人気(ひとけ)が失われたように感じます。

いちばん大変なのは、学校の先生ですね。子供たちは断食を免除されていますが、先生はそうはいきません。

断食は「善行を積む」大きなチャンス 

「なぜそんなに苦しくて不便なことを積極的に行うのか?」と疑問に思いますよね。それは、ラマダーン月は積んだ善行が大きく数えられるというチャンス月間にあたるからです。

次ページ断食をしてもやせることはない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT