「こぐまのケーキ屋さん」作者が送る快活な人生

「自分も予想しなかった自分」がそこにいた

働いているうちに今度は、

所属しているのもそれはそれできついな

と思うようになり、数年で退社した。

しばらくフリーターをしていたが、25歳のときに大企業の工場に勤務した。

「肉体的には工場で働くのが向いていました。体は毎日元気で“工場で働きたい!!”って思っているんです。でも反面、精神は開放されたがっていました」

カメントツさんは、なんとか精神を満足させられる方法はないかと考えた。そこで

作業中、脳内で物語を作ればいい

と思いついた。

妄想しているうちに、作品づくりへの思いが高まった

劇とかコントを脳内で創作しながら工場で働けば、肉体も精神も両方満足させられるって気づいたんです。

工場での仕事が始まるときに、

“今日は何を考えよう”

と、じっくり1時間ほどかけてテーマづくりをする。

“好きなあの映画の続編を作ろう”

“昨日出会った変なオジサンを他人に紹介する時は、どうお膳立てするか考えよう”

“ガンダムに勝てるザクを作るにはどうしたらいいだろう?”

などさまざまなテーマを考えた。

「2年間、妄想を続けました。毎日、妄想を繰り返していると、ひとかどの妄想ができるようになりました。

仏教に護摩行ってあるじゃないですか? 木のお札を燃やし続けて、仏教やお釈迦様のことを考え続けるっていう修行です。当時はクリエイティブな護摩行をやっていたという感じですね。物語を生み出すコツをつかめたと思います」

そんな日々を繰り返すうちにだんだんと妄想だけではなく、具体的に作品を作りたいという思いが高まってきた。

どうやってアウトプットすればよいのか、考えた揚げ句、

漫画を描いてみよう

と思いたった。

「27歳の時にはじめて漫画を描きました。エッセイマンガだったんですけど、脳内の面白さが他人に伝わったんですよ。心から“わーよかった!!”って思いました」

小さい頃からの悩みだった“人に脳内にある面白さを伝える難しさ”が少しは解消されたと思った。

次ページアウトプット方法も模索していった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。