「こぐまのケーキ屋さん」作者が送る快活な人生

「自分も予想しなかった自分」がそこにいた

新人時代には、どうしても自分の個性を大事にしすぎて、失敗することもあるという。

「心の中にある“自分らしさ”や“好きなもの”を煮詰めて世の中に出すと、あまり喜んでもらえない場合があります。

逆に、みんなに読みやすいように自分を押さえつけて作品を作っても、うっかり“毒”は混入しちゃうんです。『こぐまのケーキ屋さん』にもしっかり“毒”は混ざっています。

そうやって抑えようと思っても、出てきてしまうのが個性なんですよね。

だから、あえて“個性を出そう!!”って気張らなくていいと思います」

カメントツさんは『こぐまのケーキ屋さん』以外にも、活動を広げていこうと思っている。

ツイッターやウェブ漫画のファンを増やしていきたい

「現在はいかに“『こぐまのケーキ屋さん』から脱却できるか?”というのが自分でも楽しみです。

幼少期から感じている

“他人はアンコントローラブルだ(操作できない)”

“他人は邪魔だ”

という思いを払拭できればと思っています。具体的には、他人と一緒に仕事をしています。ずっと1人で漫画を描いてきましたけど、今はあえてアシスタントを雇うようにしています。アシスタントに向けて指示を出すことも勉強なんですよね。

今後はチームワークを大事にする、新しい作品制作もやっていきたいですね。

「今後は漫画家同士の横のつながりを強化して、媒体自体の人気を上げていきたい」と語るカメントツさん(筆者撮影)

ユーチューバーには『ユーチューバーのファン』という層がすでにいますが、ツイッターの漫画や、ウェブ掲載の漫画には、そういうジャンル自体のファンは少ないんです。そこは少し危惧しています。

今後は漫画家同士の横のつながりを強化して、媒体自体の人気を上げていきたいと思っています」

カメントツさんは会話の中で

「“こぐま”にとっていいと思える選択をしたいと思いました」

など“こぐま”をまるで“自分の子ども”のように愛情を込めて話していた。それだけで、カメントツさんの漫画に対する気持ちがくみ取れたような気がした。

これからも、カメントツさんが作る“やさしい作品”や“おもしろい作品”を読みたいと思った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。