「こぐまのケーキ屋さん」作者が送る快活な人生

「自分も予想しなかった自分」がそこにいた

漫画制作以外のアウトプット方法も模索していた。2ちゃんねるでスレッドを立て、廃墟探訪をしたのだ。

「“2ちゃんねるを見ている人に僕をコントロールしてもらって、実況しながら廃墟を探索する”という企画をやりました。そのとき、仮面をかぶって突撃していたのでいつしか『カメントツ』と呼ばれるようになりました。

その頃から見ていてくれた人、応援していてくれた人に

“オレって、その頃からカメントツを注目してたんだぜ。やっぱオレってセンスあるじゃん”

って言ってほしくて、カメントツの名前で漫画家をはじめました」

27歳で工場をやめ、東京に引っ越した。漫画家になろうと思ったが、賞に応募したり、持ち込みをしたりはしなかった。

なんとか漫画家になろうと1年間あがいていたがうまくいかなかった。

「憔悴しきっていたころ、フリーライターのヨッピーさんにインタビューを受けました。

『漫画家志望者にインタビューする』というテーマでした。

その時にWebメディア『オモコロ』を紹介してもらいました。『オモコロ』の編集長である原宿(はらじゅく)さんに僕の漫画を読んでもらい、関心を持ってもらいました」

「ならルポ漫画を描きなよ」

『オモコロ』は在籍するオモコロライターによって毎日、ルポや漫画を配信している人気サイトである。

原宿さんに

「君は、どのような人間なんだい?」

と聞かれ、カメントツさんは

「わりかしついていない人生です。一生懸命やっているけど、なかなかうまくいきません」

と答えた。

「『ならルポ漫画を描きなよ』

と言われました。ルポ漫画なら、人生の失敗ややるせなさが、全部ネタに転化されていいよってアドバイスされました」

そうして「自己啓発セミナー」や「断食道場」に潜入するなど、身体を張ったネタを中心にルポ漫画にした。

「当時は、いわば漫画でユーチューバーをやろうとしてたって感じですね。いちばんバズった(爆発的に話題が広がった)ネタは、ゲームソフト『RPGツクール』を中古ソフト屋さんで買ってきて、ゲーム内に残っているデータで遊ぼうという企画でした(RPGツクール:ドラゴンクエストのようなロールプレイングゲームを自分で作ることができるシミュレーションゲーム)」

カメントツさんは、いつしかPV(ページのアクセス数)を稼げる漫画家になっていた。

次ページ『ゲッサン』の副編集長の目に止まった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。