東大カリスマ教授の「超ハック術」

塩野誠×松尾豊 特別対談(上)

今、最もホットな分野のひとつである人工知能。人工知能とウェブに関する最先端の研究を進めるのが、松尾豊東京大学准教授だ。キュレーションサービスGunosy開発者も、松尾研究室出身。連載「キャリア相談」でおなじみの塩野誠氏との特別対談を通じて、そのハック術を惜しみなく披露する。

ハッキングに明け暮れる高校時代

塩野:もともと、松尾先生とは、一緒にシリコンバレーやニューヨークのヘッジファンドカンファレンスに行ったりしていて、いろいろお話はしていました。今日はよろしくお願いします。先生のご専門は人工知能ですが、もともとコンピュータは好きだったのですか?

松尾:そうですね。小学校の頃から、ポケットコンピュータで遊んでいました。それで、グラフを書くプログラムを自分で作ってみたり、マイコンを作って応募したりしていました。

塩野:以前、先生は大戦略というゲームをハッキングしていたと聞いたのですが、本当ですか?(笑)

松尾:はい。高校のときに、1日1ターンで友達とフロッピーをやり取りして進めるっていうのをやっていました。向こうはずっと大戦略をやっていて、僕はまだ新規参入だったので、どうやって勝とうかなあと思って。

しばらくプログラムのファイルを見ていたら、なんとなくどこに何のデータが書いてあるというのがわかってきたのです。これが攻撃力なんだ、守備力なんだ、隠れパラメータなんだ、みたいなふうに。

それで、僕が独自に開発した「攻撃力÷守備力=戦闘力」という指標を作りました。さらに、「戦闘力÷値段=お買い得度」という指標も作って、このお買い得度順に考えて最適な戦術を考えていました。お買い得度で見ると、150円の戦車のコストパフォーマンスがめちゃくちゃいいということがわかったので、後はそれを大量に生産して戦っていました。強かったですね。結局、友達は、「なんなんだよお前!」みたいな感じで(笑)。

塩野:完全にアナリストじゃないですか。嫌な相手ですね(笑)。

松尾:はい、それで内部資料を見せてあげたら、ああすごいなあと。こういうふうにして負けるとは思わなかったと言っていました。これが、データが大事だなと思った原始的な体験ですね。

次ページ新規参入で勝つために、人工知能を選んだ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT