東大カリスマ教授の「超ハック術」

塩野誠×松尾豊 特別対談(上)

論文の書き方にもハックがある

塩野:先ほど、論文の書き方にもハックがあったと言っていましたけれど、そこも解析したのですか?

松尾:はい。僕の「英語論文の書き方」というネット上のページが、けっこう研究者の間からはたくさん見られています。

論文の通し方は、いろいろな要素があると思いますが、一番重要なのは、論文の完成度をいかに上げるかに尽きます。日本人が英語の論文を書く場合、完成度を上げることを、とことんやらないのですよね。なんとなく英語にして終わりという。日本語だったら、誤字脱字などすぐわかると思いますが、英語なのですぐには気づかない。

だいたい、初稿、第2稿、第3稿、と書く時間が2分の1ずつになっていきます。ということは、無限大までにいくのに、だいたい初稿の2倍の時間でいけます。つまり、初稿を書いた時間の2倍の時間を書きなさいと。そうすると、だんだんクオリティが収束してくるので、大体、第7稿くらいでやめてもいいといいますね。

塩野:つまり、とにかく最初に全体を書けということですね。ひとつのものを分割して順番に最後まで書くイメージより、粗くても最初に全体を完成して版を重ねろと。

松尾:そうです。でもそれがほとんどの人ができない。「2章ができました!」じゃないだろ、と(笑)。とにかく全章書いて、それを書き直すべきです。

塩野:わかります。コンサルティングにおいても、1個ずつパート作るのは完全に素人です。最初のスケルトン(骨格)は抜けがあってもいいので、全体を作ってから個々のパートを埋めていきます。それで、全体のクオリティを上げていって、最後の最後にトーン&マナーや整合性をチェックする。これがプロのやり方ですね。

松尾:最初から言い回しとかを気にしても、しょうがないですからね。

(構成:荒川拓、撮影:梅谷秀司)

※続きは、1月3日に掲載します

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT