AI時代を生き抜く教育のカギとなる「読解力」

板橋区から見えた、学校現場「変化」の兆し

協議会では、新井さんの授業を見た教師らが、「リーディングスキルテスト」の観点を入れて、日々の授業をどう改善することができるか、議論が行われました。

次の研究活動。板橋区の小学4年生担任の教師が自ら授業を考え、提案することになりました。授業を行う際には、教師は「指導案」というものを作ります。授業の流れや予想される児童の反応、指導上の留意点などを記します。そこに「読み解く力の育成を踏まえた指導ポイント」が加わりました。

「指導案」の作成にあたっては、担任教師が教育委員会の担当者、校長、副校長らと「指導案検討」の会議が行われました。そこで出たのは、「読解力」を意識して授業することの大切さです。授業をすることになった教師はこう話します。

「(これまで)勉強のなかで意識していなかったから、読解力が足りなくなってきた。国語でも算数でもない、読み解く時間という『教科』があってもいいと思う。それくらい意識して授業をしたほうがいいのではと思う」

読解することを意識させるために、子どもたちにこう話しているといいます。

「読み解くというのは欲しい情報を取ること、読むというのはただ字を追うだけだよねと。読み解くと読むは全然違う」

2018年11月、新井さんや近隣の教師らを前に、この教師による国語の授業が行われました。授業は国語、接続詞の「だから」と「しかし」を正しく理解して、使えるようにするというものです。

「雨が降りそうだ。□、傘を持っていく。」
「雨が降りそうだ。□、傘を持っていかない。」
次の□に、「だから」と「しかし」が入りますか。

子どもたちは、最初の文に「だから」、次の文に「しかし」を入れて読むことができました。

「なぜ」を問うことの重要性

「ここからが大事な学習です。なぜ、いま最初の文に『だから』を入れたのか。前の文と後ろの文の関係を考えて、ノートに理由を書いてください」

教師はそういい、子どもたち1人ひとりに考えさせ、文章にしてノートに書かせます。

子どもたちからあがってきたのは、こんな理由でした。

「『だから』を、なぜ入れたかというと、次の言葉につなぎやすい」

「『だから』を使うのは、その状況に合っているから」

「『だから』じゃないと……、『しかし』を入れると文にならない。変な文になる」

子どもたちから一通り発言が出たあと、教師はこういいました。

「なんとなく使っていることを、きちっと考えようという学習。ここできちっと学習できたら正しく使い分けることができるよね」

ここで初めて教科書を開きます。教科書に書かれている「だから」の説明を子どもたちは読みます。

こだわったのは、「だから」と「しかし」を正しく理解して、使えるようになることです。

次ページ「教科書を読めること」を前提とした授業が抱える問題
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT