AI時代を生き抜く教育のカギとなる「読解力」

板橋区から見えた、学校現場「変化」の兆し

18年11月に行われた「リーディングスキルフォーラム」でモデル授業を行う新井紀子氏(撮影:尾形文繁)
次の2つの文が表す内容は、「同じ」だろうか、「異なる」だろうか。
「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」
「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」
当然、「異なる」が正解だ。しかし全国の中学生857人の正答率は、なんと57%。「2択問題」の正答率はあてずっぽうでも50%になることを考えれば、驚異的な低さだ。
このような「教科書が読めない子どもたち」の問題を提起したのが、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の著者、国立情報学研究所の新井紀子氏だ。
TBSテレビの阿部俊輔記者は、新井氏の研究活動を長期にわたって取材してきたという。同局「報道特集」の大型特集「AI時代を生き抜く教育」(2月9日放送)では、新井氏の活動も取り上げ、大きな話題を呼んだ。
特集の舞台のひとつとなったのが、子どもたちの読解力向上という課題に真正面から向き合い、具体的な取り組みを始めた都内の小学校。教育現場の最前線を、阿部記者にリポートしてもらった。

「教科書が読めない子ども」問題に自治体が動き始めた

教科書や新聞の文章をもとに基礎的な読解力を測る「リーディングスキルテスト」の結果、中学生・高校生の多くが「教科書を読めていない」という実態が明らかになりました。新井紀子さんの著書『AI vs.教科書の読めない子どもたち』により、教育現場で危機感が共有され、リーディングスキルテストを取り入れる自治体が増えています。

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』は25万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「報道特集」で取り上げた東京都板橋区もその1つです。板橋区では2018年6月と7月、試験的に公立の小学6年生と中学生全員に「リーディングスキルテスト」を実施しました。

板橋区教育委員会の中川修一教育長はこう話します。

「学力テストとの関連が非常に強いことがわかってきた。リーディングスキルを高めることが、学力定着向上にもつながるし、これからの社会を生き抜くために必要だと手ごたえを感じた」

板橋区は2019年度から本格的にリーディングスキルテストを導入することを決め、「読み解く力」の育成を教育政策の柱とすることにしました。すべての区立小中学校でテストを実施するという試みは、都内では初めてのことです。

次ページ「子どもの読解力を高める!」板橋区の取り組み
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。