世界で最も眠れていない日本女性を襲うリスク

ただ「疲れがたまる」だけでは済まない

睡眠不足には、さまざまな危険性が潜んでいました(写真:Fast&Slow/PIXTA)
睡眠時間に関する国際調査を見ると、日本はどんな調査でも大概ワースト1位か2位。とりわけ男性よりも女性の睡眠時間が短い状況です。しかも、睡眠時間は年々減少しつづけているのです。しかし研究の結果、睡眠時間の不足は、美容やアンチエイジングにもきわめて悪い影響を与え、肥満を助長しかねないことも明らかになっています。
女性の睡眠問題を、どう考えればいいのか。日本に「睡眠負債」という言葉を定着させたスタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長の西野精治氏が、近著『スタンフォード大学教授が教える 熟睡の習慣』で、衝撃的な最新研究を紹介しています。

夫婦間の役割分担が欧米ほど進んでいない

間違いなく、世界で最も眠れていないのは日本人女性――。しかも、高学歴の日本人女性の睡眠時間が、より短い傾向にあると報告されています。おそらくいちばん顕著なのが、小さな子どものワーキングマザーではないかと思われます。

もともと日本は、家事や育児を女性が一手に担ってきた社会です。共働きの女性がたいへん増えているにもかかわらず、夫婦間での役割分担が欧米ほど進んでいないことが、大きな一因と考えられます。

男女比較で見たとき、女性のほうが睡眠時間が短いのは、日本のほかに、インド、韓国、メキシコなど。欧米諸国では、女性のほうがよく眠っています。

次ページ寝ていない人は、見た目も悪くなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。