私が起業を決意した同僚の「ある一言」

Origamiの康井義貴CEOと語る(上)

日本とシリコンバレーで違う「おカネの考え方」

康井:僕は日本の会社でも外国投資家を引き付けるようなストラクチャーを組めばいいと思っていて、今でも重要な契約書は英語で作っています。

日本のベンチャーとシリコンバレーのベンチャーは、「おカネ」の考え方が違うように感じます。日本のベンチャーは、ボトムラインを見て「単月黒字化したね。おめでとう」ということが多い。一方、シリコンバレーのベンチャーは、すこしトラクションができると大型のファイナンスをして、売り上げ、ユーザー数といったトップラインを伸ばす。そして、売り上げ、ユーザー数があがると赤字であっても「こんなにトップラインが伸びたから、ファイナンスしよう」とさらに資金を集める。これを繰り返して、トップラインをとにかく伸ばす経営をしています。まさに、「GET BIG FAST」ですね。

伊佐山:大事なのは、「早く成長する」こと。堅実に黒字を出しても、ゆっくりしたスピードであればいつまでも大企業にならないので、ベンチャーのあるべき姿ではありません。であるならば、早く失敗して次にチャレンジしたほうがいい。会社を潰すのは、多くの人に迷惑をかけて、胃に穴が開くような思いをする。ただ一方で、一度、失敗した人たちが反省を踏まえてトライしたときに、効率的に事業が起ち上がって大きくなるということも見ています。だから、ヨッシーもおカネを集めたのであれば、いかに会社を大きくできるか――という観点からやらないともったいない。特に、ヨッシーは、シリコンバレーのファンドのアプローチを間近に見てきたわけだし、アメリカ企業のやり方も体験したので、欧米型のベンチャーのやり方を日本で実践してほしいと思います。

スタートアップを抜けて「大企業」を目指す

伊佐山:僕が新しい会社WiLでやろうとしていることは、ヨッシーのような人を増やすことと、ヨッシーのような人を大企業と付き合わせることです。なぜ、大企業か――というと、大企業としっかりタッグを組むことで、ヨッシーのビジネスを加速させることができるという部分があるからです。そして、その後の海外展開にもつながる。

大企業とタッグを組む、そして海外展開ができる社長やチームが出てくることが、これからの日本の課題だと思うので、ヨッシーがロールモデルになってほしいですね。

康井:日本のスタートアップシーンが盛り上がりつつある現状は、非常にポジティブにとらえています。ただ、Origamiの経営者、一個人から見ると、僕らがスタートアップである理由は「大企業になっていないから」。スタートアップであることに喜んでいたらしょうがないと思っています。ビジネスをやりたいから、そのひとつのフェーズとしてのスタートアップであり、早く抜け出してレーターステージにいきたい。もちろん仲のいいベンチャー経営者も多くいますが、スタートアップという小さなコミュニティの中だけで完結するのではなく、大企業の経営者や、たとえば価値観の異なるファッションデザイナーとの交流など、その外側を重要視しようと考えています。

だからこそ、元さんのように「大企業との架け橋になりたい」という人が出てくることは、スタートアップ業界にとって非常にすばらしいことだと思っていますね。

(構成:山本智之、撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT