海外旅行のネット環境、今さら聞けない基本

どの会社のどんなプランを使うのがおトク?

海外でスマホを使う場合は、どの手段が最もお得で便利か。通話する必要があるのか、通信だけで十分なのか。いろいろ迷うところだ(写真:Fast&Slow / PIXTA)

早いもので、いよいよ2019年がやってきます。年末年始の休暇に海外旅行に行かれる方はたくさんいると思います。海外でWEBサイトやアプリを利用する際、通信環境はどのように確保すればいいのでしょうか。

今どきは海外のホテルでは無料で使えるスマートフォンが部屋ごとに置かれていて、自由に使うことができます。しかし、すべての宿泊施設にある訳ではありません。

そこで、もし宿泊先にこのようなサービスがない場合、快適な旅を楽しむための通信環境の確保について、利用のしやすさなどを考慮しながら、極力お得な方法を探って行きたいと思います。

人によっては、ホテルや空港などで使える無料のWi-Fiだけでも十分かもしれません。この場合、街中やお店などで無料Wi-Fiが充実していれば、海外での通信コストはかかりません。しかし、これだと、街を散策しながら地図アプリをみたり、現地でタクシーを手配したり、翻訳アプリを使ってコミュニケーションを図ったりすることができない場合もあります。

空港やホテルの無料Wi-Fiで物足りない人はどうすべき?

通常、最初に検討するのが「モバイルWi-Fi」でしょう。どんなスマートフォンにも対応していて、使い方が簡単なのがメリットです。利用、返却までの手順は、出国前に空港で受け取り、帰国したら返却ポストに投函して終了というのがほとんどです。費用は渡航先や通信速度などにもよりますが、1日1500円くらいのことが多いようです。早割などを利用すれば、もう少し安くなりますが、例えば、4日間なら6000円ほどになります。

デメリットは持ち運ぶ端末が増えることです。荷物を少なくしたい場合、邪魔になりますし、紛失する恐れもあります。帰国後、空港からすぐにバスや電車で移動したい場合、返却に手間もかかります。

料金的には、これよりもっと安く利用できる方法もあります。複数国にまたがって利用する場合、さらに料金が高くなります。また、万が一、現地で故障してしまったらと考えると、不安になるかもしれません。

次ページ自分でSIMロック解除できれば、料金は他のどれよりも安い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT