毎月ほったらかしでもなぜか貯金できる方法

なぜかおカネが貯まる「なぜたまの人」になる

「放っておいてもおカネが貯まる」なら、こんなうれしいことはないが、おカネが貯まる人は実践している(写真:kou/PIXTA)

ファイナンシャルプランナーの私は以前6年半ほどシステムエンジニア(SE)として勤務をしていました。SEの仕事には商談、システム設計、サーバー構築、運用・保守などの業務があるのですが、特に、サーバー構築や運用のシーンでは、定型的な仕事については「簡易ロボット」に任せて、手間をかけずに業務を遂行することを考えます。

実は、こうした発想は、家計を健全化するうえでも、非常に有効です。

無理して貯めてもダメ、ゆるく続けられる仕組みを作る

人が努力して家計をよりよい方向に導いていこうとすると、我慢や忍耐が必要になります。しかし実際には、苦労して一時的な成果を上げるよりも、ほったらかしにして及第点がとれる仕組みを作ってしまうことのほうが、効果が長く続きます。

たとえば、ある月だけ頑張って5万円の貯蓄を残したとしましょう。しかしせっかくそれだけの額を貯蓄したとしても、我慢した反動で使いすぎてしまったり、翌月からは続けられないといった方法では、大きな資産を築くことは難しいです。

それならば月1万円であっても、さほど苦労を伴わず自動的に残す仕組みがあれば年間で12万円になります。しかも、つらくないから続けられ、10年なら120万円、20年なら240万円と、比較的簡単にまとまった資金を生み出すことができます。

家計を健全にしたければ、頑張ることではなく「仕組みにできないか」と考えることが肝要です。では、どうやったらそうした仕組みを作ることができるでしょうか。

次ページ継続して貯蓄できる仕組みやシステムはどう作る?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT